叶姉妹の影響もあり、熱烈な盛り上がりをみせるコミケ。

様々なブースが立ち並ぶなか、一躍人気のある「月曜日のたわわ」こと「比村乳業」。

そんな比村乳業は、ブースに駆け付けた客からSNS上で「比村サーキット」「高速アトラクション」など呼ばれ、話題を呼んでいます。

結局今年のコミケでもすぐに完売となったサークル『比村乳業』。

いったい、サーキットでかつアトラクションと呼ばれるブースはどのような内容になっていたのでしょうか?

スポンサードリンク

比村サーキット・高速アトラクションとは?

あまりの人気のあまり長蛇の列が起こり、それをスタッフが高速にお客さんのお札を捌いて商品を手渡し、巡回させていく様から、

比村サーキット、またの名を高速アトラクションと呼ばれるようになったそうです。

過去の映像がありましたので、参考にしていただけたらと思います。

まるでサーキットのコーナーを思わせるような、凄まじいドリフト?ですね!

これがコミケ名物の比村サーキットなんですね!

スポンサードリンク

比村乳業・月曜日のたわわとは?

比村乳業はアトラクションだった!と呼ばれるくらいの伝説を産んだこちらのサークル。

乳業の会社の名前と思いきやそうではなく、ちょっとやらしい系の同人誌を書くサークルとして活動されているみたいです。

代表者で漫画家の比村奇石によって比村乳業という名前がつけられたと思われます。

 

そんな比村乳業の作品群のなかでも人気の「月曜日のたわわ」についても書いていきたいと思います。

 

月曜日のたわわは、Twitter上に毎週月曜日にアップロードされるイラスト群であり、2016年10月よりWebアニメ化もされています。

胸の豊かな女の子が主人公で、月曜日の朝に会社に向かう憂鬱さがかわいい女の子のイラストによって軽減されたという反応を貰ったことが、継続のきっかけとなったというらしいです。

確かにかわいらしくで男子の心をくすぐりそうですね。

スポンサードリンク

比村乳業、委託販売開始

上記で紹介した通り、コンテプトとイラストがウケて人気になった「月曜日のたわわ」。

ブースもサーキットのように販売が行われ、総括してアトラクションという異名もつきました。

 

あまりにものスピード、お客さんの量もあり同人誌は売り切れたのですが、

虎の穴、メロンブックスして委託販売すると公式で発表がありました。

コミケで買えなかった人、遠方で来れなかった人にとっては朗報ですね。

 

各サイトのリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください。

虎の穴

メロンブックス

スポンサードリンク

最後に

コミケが盛大な盛り上がりを見せるなか、ファビュラス、比村サーキットなど数々の名言がうまれています。

オタクにとって、このイベントのために貯金をはたいて参加しているかたもいらっしゃると思います。

11~13日の計3日間行われるこのイベント。次はどんな名物が生まれるか楽しみですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク