第12回高校生ラップ選手権の公式サイトにて、出場ラッパーが発表されました。

以前、当ブログで高校生ラップ選手権の詳細について書かせていただきましたが、肝心の出場者に関しては不明のままでした。

しかし情報が今回公開されたので、出場ラッパーをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

出場ラッパー

Core-Boy(東京)

Hardy(大阪)

Luiz Alves(東京)

G-HOPE(長野)

MOGURA(北海道)

JB(沖縄)

KIKI(大阪)

Spada(東京)

だーひー(宮崎)

NOMAN(青森)

いそじん(大阪)

CESIA(千葉)

よんろく(神奈川)

TERU(大阪)

Red eye(大阪)

はまぞう(愛知)

個性豊かな計16名の高校生が参戦します。

有名なラッパーACEの弟や、美形な女性、ちょっとヤバそうな子まで、色んな地方からいろんな人がチャンピョンの座を勝ち取るために戦います。

無名なラッパーが多いため、各ラッパーの戦績などは不明ですが、これから幕張メッセでのバトルにむけて名をあげていくのだと思います。

これから彼らの活躍には注目ですね。

スポンサードリンク

詳細・イベント情報

今回の高校生ラップ選手権は、2daysにかけて行われるのですが、前日のアーティストライブの出演者は決まっているみたいです。

8月16日ライブアーティスト:NITRO MICROPHONE UNDERGROUND、AK-69、ANARCHY、Creepy Nuts、BAD HOP、ちゃんみな、EINSHTEIN & 言xTHEANSWER

BAD HOP、ちゃんみな、EINSHTEIN & 言xTHEANSWERは高校生ラップ選手権のOBで、実力派MCとして歴史に名を刻んだ人たちです。

幕張メッセでライブができるなんて羨ましいですね。

先ほど紹介した高校生からも、将来のアーティストが生まれてくるのかもしれません。

審査委員長は漢 a.k.a. GAMIで、 審査員はR-指定(Creepy Nuts)、MARIA(SIMI LAB)、鎮座DOPENESS、DOTAMAになります。
レフェリー(審判)はHIDADDY、DJはKEN-BOとなります。

前回からオーディション審査委員長がHIDADDYに加え、審査員:KEN THE 390、MC正社員が加わりました。

日本語ラップ業界の重鎮を招いての本大会。今年も大きな盛り上りを見せそうです。

スポンサードリンク

最後に

ついに出場ラッパーも発表され、8月16~17日の開催に向けて大きな盛り上がりになってきました。

今回は2daysという新たな試みですが、一体どんなヤバいバトルを繰り広げられるのでしょうか?

開催が待ち遠しいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク