最近、新宿のにVRゲームセンターが現れたり、エンターテインメント市場に大きな激震を走らせているVR。

そんなVRですが、最近カラオケでVRを楽しむサービスが増えつつあるのはご存知ですか?

通称カラオケVRは、各自定額でVR機器を貸し付け、カラオケボックスの臨場感のあるサウンドとともにVR映像が楽しめるというものになっています。

コンテンツによっては、目の前でアーティストが歌っていて、自由視点で映像内の空間を移動できたりするわけです。

仮想現実になるので現実ではないですが、アーティストの至近距離に近づけると思うとうれしいですよね。

そんな注目のカラオケVRですが、実装している店舗はどこで、値段はいくらくらいなのでしょうか?

スポンサードリンク

店舗・値段

JOYSOUND

8月22日より、カラオケボックスでVRコンテンツが楽しめる「KDDI カラオケVR」の提供を開始。

第1弾店舗は、「JOYSOUND品川港南口店」でスタート。

料金はVR機器1台につき、30分300円フリータイムの場合は1,500円

これに別途、カラオケ室料がかかる。13歳以上推奨。

 

まねきねこ

2,016年5月2日より、参加型カラオケシステム「すきっと」の新コンテンツとして「VRカラオケ」のトライアルを開始。

第1弾店舗は、「まねきねこ新宿歌舞伎町1号店」でスタート。

料金は1回の視聴につき300円

これに別途、カラオケ室料がかかる

 

変なホテル ハウステンボス

8月3日より観客に囲まれながら熱唱する「未来のカラオケ体験」ができるVRコンテンツ「超感覚カラオケ」を開始。

第1弾店舗は、長崎県佐世保市の「変なホテル ハウステンボス」でスタート。

料金は不明だが、1回300~400円で体験できる5種類の既存コンテンツがあり、今回の『超感覚カラオケ』は6種類目にあたる。

 

カラオケアドアーズ秋葉原店

カラオケVRではなく、カラオケボックス内でVRコンテンツが楽しめるというものになっている。

2016年8月1日よりいま話題のVR(バーチャルリアリティ)が体験できる企画が開始。

第1弾店舗は、カラオケアドアーズ秋葉原店でスタート。

料金は600円のものから300円、無料のコンテンツまで幅広く扱っている

別途、部屋料金がかかる模様。

スポンサードリンク

最後に

2017年8月現在、主に3店舗で展開されているカラオケVR。

最近では、プレイステーションVRでもカラオケVRを楽しめるようになりましたが、

ps4本体とVRを買ってまで体験してみたいと思わないという方や、体験してから購入を検討してみようという方に、このカラオケVRをおすすめします。

5万人の前で歌唱することを疑似体験でき、アーティスト気分を体験できるので是非一度は体験してみたいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク