近年、Facebook live やmessenger botなどフェイスブックで新しい機能が続々と登場していますが、

新機能のうちの一つとして「ライブコマース」というのが流行りつつあります。

ライブコマースとは、インターネット上で生放送の動画を配信し、動画中で商品を紹介・販売することを言い表します。

動画には、タレントや一般人のインフルエンサーが主に商品の販促をし、

(インフルエンサーとは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のことSNS上で有名なYoutuberやインスタグラマーもこれに該当する。

実際の動画の配信中に決済するなど、従来のEコマース(ネットショッピング)に比べ、欲しいアイテムを着用したインフルエンサーを参考に商品を購入できるため、

結果的に満足度の高い買い物ができるというシステムになっています。

実店舗に行きアイテムを身に着ける感覚とは違い、スタイルの良いモデルなどがアイテムを着用するため、おしゃれに着こなす手段などがダイレクトに伝わりますし、

欲しい!という感情が高ぶられるという特徴もあります。

そんなソーシャルコマースですが、現状どのようなサービスが流通していて、今後どのようになっていくのでしょうか?

スポンサードリンク

主なサービス

メルカリチャンネル

2017年7月6日、個人間でモノを売り買いできるアプリケーション「メルカリ」が、ライブコマースサービスである「メルカリチャンネル」を開始し、日本でも今後ライブコマースが流行する可能性に期待が高まっています。

Live Shop!

2017年6月7日にサービスを開始した「Live Shop!」では、運営元のCandeeが依頼したインフルエンサーが生放送内で商品を紹介して、ライブ配信中に商品を購入できるライブコマースサービスとなっています。

中国通販サイトタオバオの「淘宝直播」

国内のサービスではないですが、2016年3月から配信を開始した比較的新しい機能になり、すでに1000人を超える生放送主が活動しています。

わずか2時間で41万人が生放送を視聴し、100万いいね! を獲得した女性もいるくらいで、その女性は2時間の生放送で2000万元(約3億円)を売り上げたという話もあります。

スポンサードリンク

今後のライブコマース業界

2016年から中国を始め、ぽつぽつとライブコマースサービスが増え始めてきましたが、

私の予想ではFacebook社が海外でソーシャルコマースをinstagramとともにサービスを始めたこともあり、

(ソーシャルコマースとは、ソーシャルメディアとEコマースを組み合わせて販売促進を行う手法で、SNS上で商品を購入・決済・拡散させることができる仕組み・サービスのこと)

Facebookコマース始めライブコマースがメジャーな存在になっていくのではないかと思います。

今はまだ導入期ですが、今後成長期を迎え、大きな市場へと発展するのではないかと見込んでいます。

スポンサードリンク

最後に

今は気軽にオークションやメルカリを使って、自身の不要なものを売ったり、お金を稼ぐことができる時代です。

もしライブコマースのインフラが整えば、商品を購入したイメージがよりユーザーが想像しやすくなり、成約率も上がるであろうと想定します。

まだまだ発展途上のライブコマース。これからどのような進化していくのか楽しみですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク