今年の夏も暑いですね。

年を重ねるたびに暑くなっている気がしますが、

それに伴い夏場のエアコンの需要も上昇傾向にあります。

涼しくなりたい一心でただ闇雲にエアコンの風を強めたり、温度を下げたりするのは

人体にとって良くありませんし、エアコンの節電という意味でも微妙です。

では、コスパの良く涼しく快適に過ごせて、節電になる方法は何なのでしょうか?

夏場のマストアイテム、エアコンについて今回は書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

おすすめのエアコンの使い方

そもそもの使い方を気を付ける

節電するために暑いときだけ電源をONにして、涼しくなったら消そう!ということをしようと考える人もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれは逆効果で電気代を高くしてしまいます

電源をONにし、室外機が稼働するまで多くの電力を使用するのと、毎度毎度設定した温度に到達するまでに多くのエネルギーを要するからです。

かつ、節電のためにと風量を弱に設定していると、リモコンで設定してある温度に到達するまでに時間がかかるため、結果的に電気を無駄にしてしまっています

おすすめの設定は25~26度くらいに設定し、(自分が快適だと思う温度でよいです。25~26度は平均的に人間が快適だと思う温度になっています。)風量を自動にして運転させることです。

電気プランを変更する

今は、電気会社自由化により、自由に電気会社を選べるようになりました

それにともない携帯キャリアやプロバイダーキャリア、ガソリンキャリアなどが続々と参入し、価格競争が起きていることにより消費者にとっては比較的好条件で電気代を見直すことができます。

おすすめはハピタス(お小遣い稼ぎサイト)を経由して、代理店から申し込むとポイント+キャッシュバックがもらえるなど様々な特典がありますので、電気代が高騰しやすい夏場と冬場に備えて今から検討してみることをおすすめします。

エアコンを買い替える

壁掛けで室内機とケーブルで直通になっているリモコンのエアコンを使用されている方や、主要メーカー(ダイキン・パナソニック・TOSHIBA・SHARPなど)以外の古いメーカーのエアコンをご使用されている方は交換をおすすめします。

実際には壊れてからでも良いのですが、パワーが弱い、リモコンが効かない、10年以上使っているなどあれば結果的に交換してしまったほうがコスパが良い場合があります。

おすすめは大手メーカーではなく、エアコン工事専門店やオークションで工事を依頼すると比較的安価にエアコンを取替工事ができます。

こちらもぜひご検討ください。

扇風機・サーキュレーターを使用する

扇風機やサーキュレーターはネットや家電屋さんでも比較的安価に手に入りますよね。

特にサーキュレーターの送風機能を使用することによって、サーキュレーターの元が取れるくらいの節電効果を発揮します

エアコンの強風を浴びるより、サーキュレーターの強風を浴びたほうが風のパワーもコスパも良いです。

おすすめはAmazonなどで安い品が流通してますので、ネットで購入すると安くて良いと思います。

こちらもご検討頂けたらと思います。

スポンサードリンク

最後に

夏場のエアコンの節電法・快適に使う方法についてざっとご紹介しました。

一人暮らしの学生さんや家計を管理している主婦の方にとって、夏場の電気代は大きな負担になると思います。

ちょっとした知恵・知識があるだけで、結構電気代に差がでてきます。

一度エアコンに対する認識を見直し、より快適な生活のために今回ご紹介した情報を参考に改善してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク