この夏、日頃からセミがミンミンないていて鬱陶しいと思うかたもいらっしゃると思いますが、

人体に影響を及ぼし最も鬱陶しいと思われるのが「」だと思います。

ただでさえプーンってうるさいのに、さらには身体に付着して気が付いたら刺された場所がかゆくなる。

超ウザイですよね笑。

そんな人類に愛されていない蚊ですが、改めて日頃からどのようなことに最新の注意を払えばよいのでしょうか?

蚊が付着して手でパーンと叩くアナログな方法も良いですが、

せっかくならパーンせずに快適に過ごしたいですよね?

今回は改めて今からできるモスキート(蚊)対策について考えてみました。

スポンサードリンク

主な手段

蚊は、二酸化炭素と温度の高いところを好む傾向があり、人は体温が高いので比較的刺される傾向があります

また、他の昆虫でもそうなのですが黒色を好む傾向があるため、着る服には注意が必要です。

汗に含まれる乳酸も蚊の大好物なので、汗は日頃からふき取るようにしましょう。

かつ、身体から発せられる皮脂の臭いにも反応するので、こちらも芳香剤などで対処が必要です。

以上を踏まえた上で、どんな対処方法が考えられるかいくつか方法をまとめてみました。

 

網戸を占める

これはもう常識の範疇ですね。夜にカーテンを開けたまま灯りを灯している場合は他の昆虫にも注意ですね。

長袖・長ズボンを着用する

これも常識的に考えたらわかる範疇ですね。

夏場に長袖・長ズボンを着用するのは暑苦しいですが、おしゃれの一環として、クールダウンの服を着用するなど対策ができそうですね。

虫よけスプレーをする

蚊は臭いに敏感ですので、蚊の苦手な臭いを身体に纏っていると、蚊が近寄りにくくなります。

1プッシュで蚊がいなくなるタイプのものは、天井や壁に薬剤が付着して、蚊がそれに触れると倒せるわけですが、

スプレーを使ってからすぐに窓を開けると、うまく薬剤が付着しなくて蚊が倒せないので、注意が必要です。

吊り下げるタイプのものは、風が当たると、拡散するため、窓を開ける必要があります。

それぞれのタイプによって使い方が違いますので、よく説明書を読む必要があります。

蚊取り線香を置く

ピレスロイドという成分の入ったものは殺虫効果があり、大体の蚊取り線香はこの成分が含まれています

虫よけスプレー同等、蚊の苦手な成分でかつ人体に影響のない成分を拡散させるので、効果ありと言えます。

お酒を飲まない

アルコールを摂取すると、体温が上がるうえに、吐く息にも二酸化炭素が多く含まれます

さらにアルコールを分解するときに二酸化炭素が発生しまので、結果敵に蚊が好む状態を作り出してしまいます。

アウトドアのお酒には十分注意したいところですね。

汗を拭きとる

冒頭でお伝えしたように、汗には乳酸という蚊が好む成分が含まれています

汗ばんだ身体をふき取るという意味でも、こまめに汗は拭いておきたいですね。

スポンサードリンク

最後に

ただでさえ鬱陶しい蚊ですが、少し工夫とお金を使えば対処はできそうです。

すでに知っているよ!というものから、知らなかった!というものがあったと思いますが、

感染症対策という意味でも、正しい知識を知って、しっかり対策することが大切です。

あなたも虫を無視するための対策をして、快適な夏を過ごしましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク