2013年9月8日に、オリンピックが東京で開催されることが決まりました。

このニュースを聞いて、あなたはどう感じたでしょうか?

「へぇ~。東京でオリンピックやるんだ。どんな種目があるんだろう?ネットで調べてみよう」

「みんなお偉いさんがどんちゃん騒ぎで喜んでるけど、そんなに凄いことなのかな?」

など、当時の立場、年齢などから色々考えたと思います。

しかし、日本の各業界は私たちの知らないところで大きく変化しているようです。

これから就活をする学生の方は、各業界の移行を元に、企業を選ぶ必要があると思います。

一体、東京オリンピックの影響で各業界はどのように変化するのでしょうか?

今回はいくつか章を分けてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

家電量販店業界

1964年の東京オリンピックでは、カラーテレビが劇的に売れたという話があります。

日本の家電製品はとても優秀なので、買っていく観光客は多いと見込まれます。

懸念点としては2019年10月に消費税増税があるので、(と言っても免税制度があるので、家電量販の場合関係ないかもしれませんが)

小売店などは少し痛手かもしれません。

海外に購入した品物を郵送しないといけないので、同時に運送業の需要も上がりそうですね。

スポンサードリンク

IT業界

東京オリンピック・日本・東京のことについて知りたいと思う海外の人は多いと思います。

日本の観光地、東京オリンピックの開場へのアクセス、文化などを纏めたキュレーションサイトがヒットしたり、

英語にも対応したグローバルな広告・サイトが運営されると海外層にもウケそうですね。

東京オリンピックは日本の文化を世界に発信するチャンスで、

ビジネス的な観点で言うと、東京に普通では集められない海外のお客さんが集まっているわけですから、

集客に困らないという状態というわけです。この機会に、あなたは何ができると思いますか?

スポンサードリンク

スポーツ業界

何と言っても、東京オリンピックの醍醐味はスポーツです。スポーツを極めたものが、あの夢の舞台にたっているわけです。

アスリートの活躍に感化され、自分も何かスポーツをしたいと思うかもしれません。

そこで、世界・日本には様々なフィットネスが存在しますから、様々なエクササイズで運動する方が増えるのではないかという見方もあります。

かつ、日本人は長寿なことで知られていますから、健康食品や同時の健康促進方法などが流行する可能性があります。

日本独自のテクノロジー・文化とスポーツを融合させて、新たなジャンルを開拓したらヒットしそうですね。

また、スポーツ関係のモノを扱っている企業が独自のPRをして、日本独自のブランドの販促をするかもしれません。

いずれにせよ、スポーツ業界も大きな成長が見込めそうです。

スポンサードリンク

最後に

今回ご紹介しなかった業界もありますが、他にはホテル業界も外国人観光客が宿泊したりと産業が大きく成長しそうですね。

東京オリンピックという大きなチャンスを利用し、学生・社会人問わず将来から逆算し今何ができるか考えていくと道は開けてくると思います。

社会人の方は、成長が見込める企業・産業へ転職してみるというのも大きな一歩だと思います。

アスリートたちの活躍も楽しみですが、日本がどう変化するのかも楽しみですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク