今、テレビやネットでVRが話題になっていますね。

VRとはバーチャルリアリティーの略で、要は視界をゴーグルで覆い、仮想現実を疑似体験できるということになります。

ニュースでは、DMMがドン・キホーテで安価なVRを販売しコンテンツ提供をした、

広島原爆投下の疑似体験のバーチャル映像を工業高校の高校生が作ったなど、

後世に過去の惨劇を伝え、二度と同じ過ちを侵さないようにと想いを伝達するツールとしても活躍しています。

最近ではPlaystation VROculus Riftなどが主流になってきましたが、

各々の機種のおおよそ値段が、Playstation VRが44980円(税抜き)、Oculus Riftが63800円と、高価なものなので手の届きにくい商品というのが現状です。

しかし、ネット通販では約1000円から売り出されているものもあります。

一体、値段か高いVRと安価なVRでは何が違うのでしょうか。

VR初心者という方に向けて、今回は高価なVRと安価なVRの違いについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

高価なVRと安価なVR

高価なVRというのは、ざっくりと主にゲーム機、パソコンと同期させて楽しめる、もしくはVR単体で楽しめる機能がついたものだとお考えください。

Playstation VRでいうとPlaystation 4、Oculus Riftなら高性能のパソコンが必要になります。

よって、値段は高くなり動作環境もそれなりのものを要求されますが、

その代わり超高性能で没入感のある疑似体験が楽しめ、映像も高画質という利点があります。

 

一方、安価なVRは、スマートフォンをVRゴーグルに差し込み、スマートフォン搭載の動作反応機能を使って疑似体験するというものです。

高価なものと比べグラフィックの質、視野が狭くなるなど没入感には欠けます。

実際に使ってみるとチープな感じがするのですが、安価ながらしっかりとVRを楽しめるという利点があります。

 

あなたのお財布と相談して決めるのが一番ですが、まず1000円~の安価なVRゴーグルを試しに買ってみて、

必要性を感じたらPlaystation VRやOculus Riftなどにシフトするのが良いと思います。

スポンサードリンク

最後に

私は都内の小さいパソコンメーカーの販売店で500円でVRを入手したのですが、

確かに視界を絡むけると映像も反応し、それなりの3D映像体験ができました。

これからの時代はVRが普及し、様々なコンテンツが3D化されよりリアリティーのある映像が楽しめそうですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク