実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】最新96話ネタバレと感想!

投稿日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃96話のネタバレです。

静まり返った家で嫌な予感がした悠介は寝室にて横たわっている大さんを見つけてしまいました。

 

君が僕らを悪魔と読んだ頃の95話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

千恵さんが大さんを殺害した

千恵さんは横たわる大さんに話しかけます。

 

すでに死んでいる大さんはもちろん反応することなく、千恵さんはやはり夢ではない事を確認するのでした。

 

あんなに大好きだった大さんをこの手で殺してしまったのか・・・

と後悔する千恵さんに悠介は警察に行くことを提案します。

 

しかし、その前に1つだけお願いを聞いて欲しいと千恵さんは言うのでした。

 

大好きだった大さんとよくいったデート場所に最後に一緒に行きたいと言い、二人は車を出してもう一度だけ思い出の場所に向かうのでした。

 

車中にて千恵さんは大さんが悠介に躾をしている間に一人で警察に行った事を明かしました。

しかし、警察はまともに取り合ってくれず、ペットの事くらい飼い主の責任でと信じてもらえなかったのです。

 

そしてとても疲れて帰宅すると、大さんが優しかったあの頃とまったく同じ顔で寝ている様子に

『目が覚めてしまったら戻ってしまう。得体の知れない何かに戻ってまた悠介さんを傷つけてしまう』

 

何とかしなや

私が何とかしなきゃ

とハンマーで大さんの頭部を強打したのでした。

 

その時は千恵さんはこれで大さんも悠介も救う事ができると信じてやまなかったのです。

死んじゃったら終わりなのに、やり直す事なんてできないのにと千恵さんは後悔するのでした。

 

自分の過去を打ち明ける悠介

千恵さんは他にも選択肢があったはずだと、後悔していました。

皆が幸せになる道があったはずなのに、どうしては私は・・・

 

そう話す千恵さんに

悠介も過去に人を殺してしまって事を告白しました。

 

千恵さんと同じように好きな人を守りたい

その思いで人を殺してしまった事を告げたのです。

 

悠介もまたこれで何もかもが上手くいくはずとその時は信じていたのです。

 

千恵さんは驚く様子もなく、『それで、あなたの大切な人は救えたの・・・?』『・・・後悔してるの・・・?』

と、尋ねました。

 

答えが出せずにいた悠介はただ、わからないと伝えて目的地に辿りつくのでした。

 

千恵さんの目論見

たどり着いた場所は奇しくも千恵さんと大さんがよくデータした公園のボートでした。

 

悠介は過去にボートで記憶喪失になったことがあるので数奇な運命です。

 

悠介は二人の最後のデートをおぜん立てするために、大さんをボートに乗せますが

突然謎の眠気に襲われます。

 

千恵さんは車内で悠介に渡したお茶の中に睡眠薬を入れていたのでした。

 

意識が飛びそうになる悠介に千恵さんは何度もお礼と別れを告げるのでした。

 

目が覚めた時には千恵さんの姿はどこにもなく手には手紙が握らされていました。

 

警察には知らせずに何もかも忘れて自由に生きてください

と手紙には書いてあり、

 

大さんと乗せたボートがプカプカ浮かんでいる様子を見て、悠介は千恵さんが自殺したことを悟るのでした。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃【96話】の感想

悠介は携わった人を不幸にしてしまうといった様子で絶望していました。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.