実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】最新93話ネタバレと感想!

投稿日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃93話のネタバレです。

刑事と悠介は夫婦殺害事件の真相に迫っていくのでした。

 

君が僕らを悪魔と読んだ頃の92話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

千恵さんの異常な行動が続く

悠介は千恵さんがいつか立ち直ってくれると信じていました。

しかし、立ち直る気配は一向になく

1週間後、食事は相変わらず悠介の好物が出続け
2週間後、毎晩枕元にきて添い寝するようになり

1か月後にはお風呂に入っている悠介のところに身体を流しにきたのでした。

 

月日を重ねれば重ねるほど、ひどくなっていくのは明らかでしたが

悠介は千恵さんの気がするのなら・・・と思いすべてを受け入れるのでした。

 

刑事はお風呂に一緒に入って体を洗われる異常性に驚きを隠せませんが、

どんなに異常な要求でも「こんな俺でも求められた・・・必要とされた」

その喜びの方がいつだって勝ってしまう、悠介の異常性も打ち明けるのでした。

 

夫の大さんの異変

夫の大さんは

最初、そんな二人様子にいつも困ったような顔して笑いながら毎日カレーを食べていたそうです。

 

いつだって夫の大さんは妻の千恵さんの事を第一に考えていて、千恵が元通り元気になってくれるまでの辛抱だ

と話していたそうです。

 

しかし、誰にだって限界があります。

 

悠介が1人アイスを買って帰ると、家の前にはパトカーが待っていました。

なんで警察が来ているのか理解できない悠介ですが、

慌てて飛び出してきたのは千恵さんでした。

 

どこに行ってたの!?私に黙ってどこに行ってたの一体!?心配したんだから!

またひどい目にあったんじゃないかって!!

 

と泣き叫びながら悠介にしがみつくのでした。

 

千恵さんは悠介の事を完全に、犬と同化してみて、悠介がふらっといなくなっただけで、

酷い目に遭わせられると勘違いしたのです。

 

夫の大さんは悠介に謝りますが、

「君は・・・その・・・平気なのかい?」

と千恵さんの異常性に何も言わらずに従っている悠介に何かをさぐろうとしているのでした。

 

そんな折に、妻の千恵さんが探し物ということで

取り出してきたのは、犬の首輪でした。

 

これでもう二度と勝手にいなくなったりしないでしょう?ねぇ?ユーちゃん

 

曇天の雷が鳴り響く夕暮れ時に千恵さんの異常性はピークを迎えるのでした。

 

大さんは首輪と取り上げ庭に放り投げ、普段の温厚の様子とは打って変わって千恵さんを怒鳴り散らします。

 

いいかげんにしなさい千恵!彼は人間だ!犬じゃない!

いつまでも目をそむうけていないで受け入れろ!

君も君だ斎藤くん!なぜ断らない

 

と激怒してしまいにも、頭を抱えて精神的におかしくなってしまうのでした。

大さんは土砂降りの雨の中はだしで飛び出してしまうのでした。

 

3日後、着たままの服で戻ってきた時の大さんはもう悠介の知る優しい大さんではありませんでした。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃【93話】の感想

夫婦の殺人事件の真相に迫っていきますね!

面白くなってきました。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.