実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】39話ネタバレと感想!男を殺したのは悠介だった

更新日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃39話のネタバレです。

悠介の作戦に乗ると見せかけた一ノ瀬は自ら男の腹を刺し、悠介には手を下させなかったのです。

 

君が僕らを悪魔と読んだ頃の38話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

男の腹を刺す一ノ瀬

ここ学校でしょ?お料理でも作っておもてなししようと思って家庭科室でみつけちゃった♡

一ノ瀬は笑顔で男の腹を刺しました。

 

男は激昂して一ノ瀬に思いきりビンタをかまします。

 

なんて悪い娘なんだ!

 

そういいながら、男は一ノ瀬を蹴り続けました。

 

ボコボコにされた一ノ瀬は、男から逃げようとしますが、髪の毛をつかまれ、襲われそうになります。

 

そこにやってきたのは悠介でした。

悠介は後ろから男の背中を刺して、

 

『この馬鹿野郎が一ノ瀬!俺を出し抜こうなんて百年早いんだよ』

 

悠介は一ノ瀬が悠介には過去の悪魔に戻ってほしくない、男には自らを手を下す決断をしている事がわかっていたのです。

 

男に後ろから馬乗りになる悠介を見て、

一ノ瀬は

 

ダメ・・・

ダメだよそれ以上は

ほんとに死んじゃうよ

悠介がほんとに・・・人殺しになっちゃうよ

 

と泣きながら嘆きました。

 

悠介は何度も何度も男の背中を刺して、そのシーンは悠介が記憶取り戻した時に見た光景とまったく同じでした。

 

 

やはり人を殺していた悠介

悠介は男をめった刺しにして、

 

こんなもんか たいしたコトねーな

人を殺すのなんて

なぁ?一ノ瀬

 

と強がりつつも、どこか抜け殻のような表情で一ノ瀬に語り掛けるのでした。

 

悠介の取り戻した記憶を聞いた環は、本当に悠介が人を殺したことを再認識して言葉を失います。

悠介自身も人を殺したことに狼狽して、

自分の両手が真っ赤に染まっているように見えるのでした。

 

過去の記憶をすべて思い出した悠介ですが、殺したという実感は残っていません。

しかし、自分は許されちゃいけない。何があっても。俺は・・・俺は・・・と

自分を責めるのでした。

 

ここで引いちゃダメだ。最後まで聞かなきゃ

 

うろたえる悠介に対して、環はどうして悠介は今の悠介になったのか、どうして一ノ瀬さんと恋人だった悠介も悪魔だった悠介もすべて失って

真っ白な斎藤悠介になったのか

肝心の所に迫っていくのでした。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃39話の感想

 

やっぱり悠介が最終的に男を殺したいたんですね。

もしかしたら、男を殺したのは一ノ瀬で悠介はかばったのかな?なんた数話前で予測していましたが、

悠介が殺していました。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.