実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

いじめるヤバイ奴

【いじめるヤバイ奴】38話のネタバレと感想!

投稿日:

いじめるヤバイ奴38話のネタバレです。

白咲さんのお仕置きから逃れた仲島。

白咲さんの手から逃れる事は可能なのでしょうか。

いじめるヤバイ奴の37話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

希望を持ちながら逃走する仲島

ついに仲島は白咲さんの命令にさからって逃げ出しました。

もう後戻りはできない背水の陣です。

 

しかし、仲島は決してヤケクソになったわけではなく、白咲さんを罠にハメるには絶好のチャンスだと考えていました。

仲島は怒り狂った獣ほど行動を読みやすいものはない

白咲さんが怒り狂って仲島を見つけた瞬間を叩いてやろうと考えていました。

 

白咲さんを撒いた仲島は、青山さんに状況を伝えるために走りながら電話を取り出します。

 

ゴツ!!

 

一瞬何が起きたかわからない状況でしたが、何者かに追われた仲島は倒れ込んでしまうのでした。

 

一方、青山さんは、旅館にて仲島を捜していますが、どこを探しても見つからない様子に

白咲さんに手を下す決断をして、旅館の厨房から包丁を持ち出し二人を捜しに向かうのでした。

 

仲島を襲った人物は・・・

目を覚ました仲島は、口を塞がれロープで縛られています。

当たりを見渡すと有刺鉄線が木にくくりつけられていて、仰々しい柵から外に出られないようになっています。

 

修学旅行中に誰がいったいこれだけの準備をしたのでしょうか?

犯人は加藤でした。

加藤は仲島をボコボコにするために京都旅行を1日仮病で休んで、この特設ステージを作ったのです。

 

青山に恨みのある加藤は、ここに青山がやってきて何もできずに指をくわえて外で見る様子を想像して興奮しています。

加藤はフランス料理のフルコースに例えて、フランス料理を堪能するためには前菜が重要。

つまり、青山がこここに駆け付け仲島の姿を初めてみたときの驚きと恐怖で歪んだ顔が前菜になるんだとニヤニヤします。

 

それで言うと、加藤にとっては仲島がさっきの転倒で転んだはしたもののまだ悲惨さあが足りないとして

青山が駆けつけるまでに『いじめしりとり』で遊ぼう、「いじめバトル」のリベンジだと提案するのでした。

 

いじめるヤバイ奴38話の感想

 

なんだよ、「いじめしりとり」ってw

とツッコミたくなりますが、この漫画は非現実を楽しむものなのでオッケーですね。

今後の展開ですが、青山さんがやってくる前に白咲さんが見つけて、加藤がトドメされるような気がしますね。

 

 

-いじめるヤバイ奴

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.