実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】90話ネタバレと感想!

投稿日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃90話のネタバレです。

過去の親友会澤と再会した悠介。

これから倉庫で実行犯に対して何をしていくのでしょうか。

君が僕らを悪魔と読んだ頃の89話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

2か月前の11月上旬の出来事

悠介は11月上旬に会澤に会い階していました。

倉庫で拉致した実行犯の2人を捉えている場面になぜか会澤が。

 

つまり悠介が会澤にこの町で会うのは今回が2回目。

 

悠介が来る前に会澤は2人から、茜を拉致ろうとしたのは草下部という岐阜の指示だと吐かせていました。

『そいつの言う通りだ。俺たちは幹也さんに言われて仕方なくやっただけなんだ!だからもう許してくれえ!』

 

タメ後で許しを請う二人に対して

会澤はまだ自分らの立場がわかってないのかと言わんばかりに

スタンガンを向けます。

 

1人の股間にスタンガンを近づける会澤の手を悠介は止めるのでした。

全部喋ったんだったら、もういい

過去に悪魔と呼ばれた男とは思えない行動でした。

 

こういった馬鹿どもは徹底的にやらないといけないと言う会澤に対して

悠介は制止して会澤から証言の録音データを受け取りました。

 

安心する実行犯たちの顔をつかんで

今度、あの家族にちょっかい出したらすぐに豚箱行きにしてやると伝えろ

と脅しました。

 

これが今から二か月前の出来事だったのです。

こうして悠介は目論見通り義父を黙らせる事ができ、藤森一家に平穏な日々が戻ってくるはずでした。

 

再び同じ二人を倉庫で拉致する会澤

平穏な日々が戻ってくると思いきや、事情が変わってしまいました。

義父が殺されてその容疑が蒼志にかかっているのです。

 

悠介は再び二人から、草下部幹也つまり蒼志の義父に個人的に恨みを抱いているやつを聞き出そうとします。

 

誰でもいい 思いつく限り並べてくれ

 

悠介は目隠しされた二人に詰め寄りますが、

二人は思い当たる節がないと言います。

 

そんな聞き方じゃあ二人の口を割れないよ、以前この二人の口を割らせたの忘れてないよね?

会澤はそう言って悠介にスタンガンを手渡しました。

 

前回は会澤を手を止めた悠介ですが、今回は状況が違います。

二人をスタンガンで脅して、義父の周りの知り合いの名前を聞き出すのでした。

 

悠介の目論見と電話の主

結局20人以上の名前を聞き出しましたが、

蒼志に疑いがかけられている時間がない中、1人1人調べ上げていく時間はありません。

 

助かった会澤、お前はもういい

 

そう言う悠介は蒼志の身代わりになろうとしているのでした。

古くからの親友は悠介が嘘をつく時やしんどい時にヘラヘラして誤魔化す癖を見抜いていたのです。

 

しかし、かつての悪魔が良心との板挟みで右往左往するのを眺めるのは

楽しいもんだと笑うのでした。

 

そんな時に、悠介の番号に知らない番号から着信が。

それは警察からの電話でどうしても会って話したい事があるという内容だったのです。

 

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃【90話】の感想

蒼志の身代わりになろうとしているなんて、

かつて悪魔と呼ばれた男がここまで変わるのかといったところです。

悠介は一ノ瀬の時も助けを求められて思わず腕をつかんで連れていったのように

「誰かから必要とされる」事に飢えていたのかもしれませんね。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.