実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】26話ネタバレと感想!悠介に見えた港町

更新日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃26話のネタバレです。

自宅で料理をして待っていた環は悠介の悪魔の過去を知って意外な行動に出るのでした。

悠介はどう思うのでしょうか。

君が僕らを悪魔と読んだ頃の25話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

あわせて読みたい

君が僕らを悪魔と読んだ頃25話のネタバレと感想

 

港町の情景を探す二人

環と結ばれた朝に裸で横たわる情景に

 

一ノ瀬明里と浪の音、港町を思い出した悠介は

 

環と同じようなさびれた港町を探すのでした。

 

手がかりは夢だが現実だから、わからない悠介の記憶だけ。

 

環は探偵のごとく、悠介に見えて情景を整理していきます

 

浪の音が聞こえた海沿いの港町

高台には神社

その下に広がるのはさびれた商店街

つぶれたボウリング場

スナックアケミ

海外沿いに建ってる古いアパートみどり荘

その102号室

 

悠介は情景を環に話します。

 

悠介はここに来る以前に1回しか引っ越した事はないため、この情景は失踪していた一ノ瀬明里との半年間の間で間違いありません。

 

悠介の過去に積極的な環

 

じゃあさっそくこの町を探しましょう!

 

環は悠介にこの町を一緒に探すように提案します。

その町に戻れば一ノ瀬明里に会えるかもしれないと言うのです。

 

過去にひどいことをしてしまった悠介は一ノ瀬明里に会わす顔がないとばかりに

怖気づきます。

 

そんな悠介に対して、

 

「謝るの、何度も何度も何度も」

 

許してくれるまで何度も謝るように気丈に言います。

 

悪魔になりきれない悠介が平穏な日常を取り戻すためには

傷つけた一人一人と向き合って謝罪し続けるしかない環はそう考えます。

 

港町を見つける二人

タブレットのマップを見て、悠介の情景の港町を環は見つけ出します。

 

環の言うとおりでした。

 

会澤に命令されたとか記憶を取り戻すとか、どうでもよかったのです。

 

悠介はただ 一言、一ノ瀬明里に「ごめん」と謝りたかったのです。

 

悠介の心に一ノ瀬明里が現れます。

 

それ以上こっちに来ちゃダメ

 

せっかく封じ込めたのに

 

また戻っちゃう

 

元の悪魔に

 

あなたが再び悪魔になるくらいなら

 

私が

 

私があなたの代わりに

 

あいつを・・・

 

悠介はこの記憶の闇の深さを理解して、これはきっと思い出してはいけなかったと思うのでした。

 

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃26話の感想

一ノ瀬明里が、「あなたの代わりにあいつを・・・」と言った人は、あの花壇に埋められていた男性なのでしょうか?

そうなると悠介があの男性を殺したのではなく、明里が殺したのでしょうか・・・

謎は深まるばかりです。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.