実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】22話ネタバレと感想!悪魔の悠介

更新日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃22話のネタバレです。

前回の話では、悠介の母親を襲ったのが兄妹であることがわかりました。

その兄妹に対して悠介が行った悪魔的な事がわかったところで21話は終わります。

 

君が僕らを悪魔と読んだ頃の21話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

三田村の回想シーン

 

三田村の一つ下の妹は小さい頃から人見知りでいつも兄から離れなかったそうです。

 

なかなか友達もできず、いつも男子にかわかわれて泣いていました。

 

妹を守るのは兄の役目。

 

ずっとこの子は僕が守らなきゃ。

 

守り続けなきゃ。

 

そう考えていたのに、妹は悪魔に目の前でめちゃくちゃにされたのです。

 

 

 

目の前で妹をめちゃくちゃにする悠介は、三田村に

 

「どっちが先に空っぽになるか、勝負しようぜ」

 

と恐ろしい事を言います。

 

三田村が勝てば、二度と妹には手をださねぇから、

 

と、強要したのです。

 

 

三田村と妹の復讐

 

悠介が記憶喪失になったことを聞いた三田村は、部屋でひきこもる妹に提案をします。

 

今はただの高校生。もう昔のような力はないはずだ。

 

「私も悪魔退治 協力するから」

 

と部屋から出てきた、妹の陽子は復讐を誓います。

 

正義のヒーローは必ず勝つ

 

兄は、仕事帰りの悠介の母親をバットで襲いました。

 

どうして母親の方を先に襲ったの?直接も襲えば良かったのに

 

と聞く妹に対して

 

自分が直接傷つくより・・・自分のせいで大切な誰かを傷つけられる方が痛いってコトあるよな?

 

と自分らがされたこと、同じ罰を与えたいと考えたのです。

 

 

止めない悠介

 

僕ら兄妹が受けたのと同じグチャグチャに踏みにじられる痛みを・・・

 

という三田村兄。

 

悠介は妹に手を出しながらも「同じだ」「これじゃあの時と全く同じ」

と、心の中でつぶやきます。

 

 

ごめんなさい

 

ごめんなさい

 

許してください

 

僕らがバカでした!もう二度と歯向かいません!

 

だから、せめて妹だけでも見逃してください!

 

 

と、懇願する三田村兄に対して

 

え?ギャグ?

 

綺麗さっぱり忘れてきたのに、ふっかけてきたのはお前らだ

 

何を虫のいいコト、ほざいてんだよ バーカ

 

 

と悠介はその手をやめません。

 

 

三田村兄は悪魔のような悠介を見て、自分らの身の程知らずさに絶望するのでした。

 

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃22話の感想

悠介は過去の悪魔に戻ってしまったのでしょうか?

自分がした行いによって復讐をされたのに、罪悪感を持たずに手をやめない悠介の姿は悪魔そのものでした。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.