実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】19話ネタバレと感想!悠介の母が襲われる。

更新日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃19話のネタバレです。

悠介にちょくちょくと襲い掛かる復讐の手に覚える悠介は自宅にこもるようになりました。

お母さんに楽をさせてあげたいという気持ちからカレーを作る事を提案する悠介。

お母さんにとっても思い出の食べ物のため二人はそれぞれに楽しみに待ちます。

 

君が僕らを悪魔と読んだ頃の18話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

母親に迫る復讐の手

19話は悠介が急いで病院に向かうシーンから始まります。

 

全く思い描かなったわけじゃない

けれど心の片隅でタカをくくっていた

 

大丈夫だと

 

俺は何とかこのまま何ゴトもなく生きていけると・・・

 

 

悠介の母は仕事からの帰り道で、通り魔に襲われてしまいました。

 

同僚の方々も病室にいましたが、

 

何かを盗られた跡はなかったことから、誰でも良かったのだろうと

 

しかし、悠介にはわかっています。

 

誰でも良かったわけではなく、悠介の母親だから狙われたということを。

 

 

会澤の悠介への提案

 

会澤の悪事を黙っている代わりに、悠介の身の周りを守るという契約をしていた会澤。

 

悠介の母が犠牲になった事から、悠介は会澤に会いにきたのです。

 

 

溢れだした君への憎しみを僕の力で抑えるのは

 

限界だたったんだよ

 

と会澤は言います。

 

今まで会澤がせきとめてきた壁に1つの穴が開いた。どんなに小さい穴でも、だんだん広がっていく。

 

溜め込まれ続けた憎悪の波が押し寄せてくる

 

悠介は震えあがります。

 

教えてあげようか?震えの止め方を

 

悪魔の戻ればいいのさ

 

悠介に歯向かって復讐をしてきた奴らに悪魔に歯向かうとどうなってしまうのかを教えてあげればいい

 

と会澤は言うのでした。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃19話の感想

悠介の母親は何も悪くないのに、自分の罪の報復が母に向かってしまった悠介。

会澤の提案通りに復讐してきたやつらを痛い目に遭わせたら、復讐につぐ復讐になってしまいます。

罪悪感を持ち始めていて、どのように罪を償えばいいんだ?と考えていた悠介はどんな行動に出るのでしょうか。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.