実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】6話ネタバレと感想!廃校舎で悠介の記憶が?

投稿日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃6話のネタバレです。

第5話では会澤が悠介の記憶を取り戻さなければならない理由がわかりました。

悠介と共に酷い遊びをしていた時のデータのゆくえは悠介の記憶次第だったのです。

君が僕らを悪魔と読んだ頃の5話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

会澤と共に記憶の断片をさぐりに行く悠介

悠介と会澤はリムジンに乗って過去に二人がしていた「遊び」の現場に向かいます。

リムジンの中で冷凍みかんをほうばる二人ですが、

高校生でリムジンをチャーターできるとは一体何者なんだ?と悠介は不思議に思います。

 

悠介が誰かを殺したかもしれないという事に関して会澤は心当たりがまったくないと言います。

 

つあmり、悠介が失踪した半年間の間に悠介が人を殺したかもしれないという事だったのです。

 

殺したらゲームオーバー

自分自身がしていたかもしれない悪魔のような行動に、

悠介は不安を隠せない様子ですが・・・

 

人を殺したかもしれないという記憶の断片が中学時代の事ではないという事を知り

悠介は内心ホッとします。

悪魔みたいな自分たちでも「命を大事に」といった良心はあったのか、ちょっとは安心したぜ。

 

と、話す悠介ですが、

 

「相手が生きているからこそ面白いんだ」

 

と、会澤はあくまで相手の反応を楽しむのが目的。

 

人を殺してしまったら、それはもう壊れた玩具。

 

と会澤は言います。

 

 

記憶をたどる悠介

 

悪魔のような悠介ですが、お化けは苦手のようです。

 

トイレに色んな奴を監禁

理科室で人体実験ごっこ

生徒会室で巻き上げたお金の集計

R指定の保健室

 

 

そして、どんなゲームで遊ぶかを議論した「作戦会議室(=3年1組)」

 

悠介に記憶を取り戻させようと、会澤は遊びに興じた廃校舎を案内します。

 

 

机の落書き、破れた時間割、乱雑な机

 

その教室は間違いなく悠介に残っていた記憶、『人を何度もナイフで刺す記憶』の場所でした。

 

木の床にこべりついた血の跡

 

悠介は失踪した期間に、どんな遊びをしたのでしょうか。

 

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃【6話】の感想

 

これだけの酷い行うをしたのに、記憶がすべて無くなるというのは、悠介にどれだけのインパクトがある出来事があったのでしょうか。

それは過去に話に出てきた一ノ瀬明里に関係しているのか、それとも、悪行を繰り返した悠介に天罰がくだったのか、どちらの方向に物語が進んでいくのか楽しみです。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.