実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】5話ネタバレと感想!会澤の目的が明らかに!

投稿日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃5話のネタバレです。

悠介に記憶を思い出させようとしていた会澤は、「悠介の記憶」に関心が合った事がわかった第4話。

「悠介の記憶」の一体何に関心を持っていたのでしょうか?

君が僕らを悪魔と読んだ頃の4話のネタバレは以下の記事にまとめています。読んでいない方は下記からどうぞ!

 

悠介の記憶に何があるかを語り出す会澤

ほっぺたにビンタの跡をつけて、悠介は会澤と公園で待ち合わせをします。

会澤の予想通り、悠介は彼女の環を分かれたのですが、

「愛する彼女に危害が及ばないため」

に環を分かれたのでした。

前回、自分の悪行を散々聞かされた悠介は自分から環をふったのです。

 

会澤は悠介の記憶の何に関心があるのかについて徐々に話し始めます。

会澤は悠介と一緒にリンチ、拷問、レ〇プ、二人が思いつく限りの「遊び」をすべてしたそうです。

しかし、その遊びを続けるためには「必須アイテム」が必要でした。

 

二人の遊びの必須アイテムとは?

いじめという言葉では表現できないほどの、残酷な事を「遊び」と呼ぶ会澤ですが、

その遊びをするためには必須アイテムを用意していたのですが、

その必須アイテムとは「相手の弱み」。つまり、ビデオや写真などの物証だったのです。

遊んだ相手が訴える事ができないように、ビデオや写真などで記録を取っていた二人ですが、

 

その必須アイテムは、悠介の記憶と共にどこかに行ってしまったのです。

 

つまり、会澤が興味ある「悠介の記憶」とは、

ビデオや写真などのデータの事で、それが加工されずに出回ってしまった場合

自分にとって不利になってしまうという事だったのです。

 

立場をわからせようとする会澤

会澤の目的を知って、「なんだ会澤も内心ビビっていたのか」と安心する悠介。

 

「お前の危機感ピンと来ねぇんだわ。何度も言うけど、記憶がサッパリだからよぉ」

 

とヘラヘラする悠介に。

 

「なら少し味わってみる?ボクの気持ち」

 

と、環のリアルタイム動画を見せつける会澤。

 

このゲームの主導権を握っているのは会澤の方で、悠介は真剣に自分探しをしなければならない

という事をわからせようとしたのです。

 

人を何度も刺した記憶

 

会澤が環を監視している事をしった悠介は過去の唯一の記憶を会澤に話します。

 

古い校舎でナイフを持って、何度も何度も人を刺している光景を悠介は覚えていたのです。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃5話の感想

4話では会澤が悠介に過去を思い出させようとしたことの見当がつきませんでしたが、

・残酷な行為のデータのゆくえ

という事がわかりました。

いよいよこれから悠介の過去の記憶を探っていく旅に出るのですね。

 

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.