実際に読んだ漫画の感想やネタバレを紹介しています。

漫画ロマン

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】88話ネタバレと感想!悠介は改心してた?

投稿日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃の88話ネタバレです。

前回、旧校舎にフラっと立ち寄った悠介は過去の悪友が小春に酷い事をしている様子を目撃しました。

過去と決別した(酷い遊びをやめた)悠介は小春を助ける形になりましたが、罪を償う生き方について考えるシーンで87話が終わりました。

 

悠介のアパートに住み始める小春

シーンは飛んで悠介は小春のために都内にボロいアパートを見つけます。

小春からするとたまたま助け出してくれた悠介が一緒に住んでくれる事に対してためらいを見せていますが、

悠介としては罪を償う生き方というのが小春のそばに寄りそう事だったのでしょうか。

 

実は小春は、悠介の過去の悪友たちから薬を打たれていたのです。

悠介は小春の薬が抜けきるまで小春にそばにいることを誓います。

 

小春の姉と会う悠介

小春は姉と一緒に暮らすと、色々と思い出してしまうとのことで悠介と暮らすのですが

小春は姉からお金を借りているそうなのです。

 

なぜ小春はお金を借りにくるのか?そんなに生活が苦しいのか?

 

悠介は小春の姉に本当の事は教えません。

 

姉も自分が記者という仕事をしていて、小春のような被害者を生み出さないために記事にしたと後悔していました。

 

悠介の悪行を知っていた小春

悠介が自宅に戻ると小春はトイレで薬をしていました。

小春は精神的に追い込まれていて、それをしていないとみんなに笑われると現実逃避をしていたのです。一ノ瀬の時と同じだと悠介は悔やみきれない思いになります。

小春に優しい言葉をかける悠介ですが、悠介の過去の悪行を知っていた小春は

悠介の事を「悪魔」と呼び泣きます。

やはり過去の罪は消えないという思いから悠介は小春から離れてしまいました。何度も何度も謝りながら。

 

そして、最近のシーンに戻ります。

結局、その後小春は死んでしまったようで悠介は自分を責めるのです。

誰が蒼志をハメようとしているのか?

悠介はこの後、どんな行動に出るのでしょうか。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃【88話】の感想

今までの流れだと悠介は改心をしておらず、蒼志の父親も悠介がやったこと。亡くなった夫婦も悠介によるものだと思っていましたが、

ここにきて風向きが変わってきました。

蒼志の自宅に転がり込んできてから場面が大きく変わりましたが、『君が僕らを悪魔と読んだ頃』と過去系になっている事からも、

悠介は悪魔ではなくなったのか?それとも悠介の本質は変わっていないのか?読者としても考えさせられる内容でした。

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃

Copyright© 漫画ロマン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.