9月7日のスッキリ!である気になる女性がピックアップされていました。

 

それは、「バナナの妖精に変身する女性公務員」ということで特集されていた、バナナの妖精ルナこと井上純子さんです。

 

謎が多いバナナの妖精ですが、なぜバナナの妖精で、なぜコスプレをしているのでしょうか?

気になり特集してみましたので、一読いただけたらと思います。

スポンサードリンク

バナナの妖精とは?

バナナの妖精とは、北九州市観光課が企画した、北九州市へ観光へ来ていただくために、市内外の各地のイベント等で観光PRを行っている妖精のことで、実際に北九州市で勤務する女性公務員がコスプレを担当しています

 

情報を集めた結果、バナナの妖精ではなくバナナ姫をイメージして作られたコスプレだということがわかりました。

これから先はバナナ姫に統一してお話します。

 

バナナ姫が生まれた経緯としては、これまでの観光PRが、職員が法被を着用し、ゆるキャラや親善大使などを連れてのPRが定番でしたが、より多くの方に振り向いてもらうために、インパクトがあり、北九州らしいPRの方法の一つとして、職員が自らコスプレをして観光PRすることにしたそうです。

 

第一弾の「バナナ姫ルナ」をはじめ、今後も出来るかぎり多くのイベントで、イベントに応じたコスプレをして、より効果的な観光PRを行っていくとのことです。

可愛らしいですね。

バナナ姫ルナの元ネタは、門司港バナナの素晴らしさを伝えるために誕生したバナナの妖精のイラストです。

門司港バナナのPRキャラクターとして、門司区役所主催のイベント「門司港バナナ博物館2015」で初めて登場しました。

キャラクターデザインは北九州市出身のイラストレーター・しいたけさんらしいです。

 

そんな気になるバナナ姫ですが、その正体も気になると思いますので調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

井上純子とは?

名前:井上純子
生年月日:1987年
出身地:北九州市小倉北区
出身高校:福岡県立八幡高等学校
職業:公務員(福岡県北九州市観光課)

 

一般の公務員の方なので情報は少ないですが、年齢に関してはもうすぐ30?ということが伺えます。

 

高卒か大卒で公務員になったのかも不明ですが、現職でコスプレが仕事になっているというのはある意味凄いと思います。

 

良いルックスの持ち主で、彼氏もいるんじゃないか?と憶測しがちですが、あくまで一般の方なので不明です。

 

結婚はしてないみたいで、もし恋人ができた場合彼氏はこのバナナ姫の活動を受け入れてくれるのでしょうか?

 

個人的には全然オッケーですが、受け入れがたい男性も世の中にはいると思うので、しっかりとしたパートナーと出会えるといいですね。←上からですみません

スポンサードリンク

最後に

朝のスッキリを見て目の保養になりそうな妖精がいるな・・・と思ったら、観光PRの妖精、というか姫だったのですね。

これからどんどんバナナ姫がメディアにでて、北九州市が有名になると良いですね。

今後のバナナ姫が楽しみです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。