今年の8月9日のニュースで、abemaTVの累計ダウンロード数が2000万ダウンロードを突破したという速報が入りました。

一時期、abemaTVの事業を通じて赤字になった、亀田興毅に勝ったら1000万円の企画でサーバー落ちしたなど悪いニュースもあったのですが、それだけメジャーな存在になったということは微笑ましいことだと思います。

そんな旬なabemaTVですが、ワールドカップ日本出場が決まり絶大な盛り上がりを見せている中、アベマTVではサッカーではなく野球のワールドカップ、U-18ベースボールワールドカップが完全無料で見ることができるという情報をゲットしましたので、今回は特集してみました。

スポンサードリンク

第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 日本戦全試合の生中継

株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」では、「Sportsチャンネル」において、2017年9月1日(金)から9月11日(月)まで、カナダ・サンダーベイで開催される『第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ』を生中継することが決定しています。

本大会は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催により、隔年で開催される、16歳から18歳の各国・地域代表選手で競われる野球の国際大会で、第28回を迎える今年はカナダのサンダーベイで開催されます。

 

「AbemaTV」では、9月1日(金)夜10時30分より開始される、予選ラウンドグループBの「日本-メキシコ戦」をはじめとした予選試合と、9月7日(木)から9日(土)まで行われるスーパーラウンド、11日(月)に行われる3位決定戦までの日本戦全試合となる最大9試合を完全無料で生中継いたします。

「AbemaTV」が生中継する『第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ』では、最速147キロのストレートを武器に主将を務める大黒柱・日大三高の櫻井周斗選手や、夏の甲子園出場を決めたエース・大阪桐蔭の徳山壮磨選手、横浜のプロ注目のスラッガー・増田珠選手、さらには高校野球で通算107号本塁打を放ち、歴代最多と並ぶ記録を持つ注目の強打者・早稲田実業の清宮幸太郎選手など、今季春夏ともに高校野球を盛り上げた注目選手たちの出場が決定しています。

 

本大会中には、清宮幸太郎選手の高校野球歴代記録を塗り替える通算108号本塁打が見られることが期待されており、大きな注目を集めています。

そんな注目を集めるWBSCですが、一体どのような大会なのでしょうか?

スポンサードリンク

WBSC U-18ワールドカップとは?

2017 WBSC U-18ワールドカップとは、世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) が主催する、18歳以下の各国・地域代表選手で競われる野球の国際大会「WBSC U-18ワールドカップ」の第28回大会のことで、各大陸予選を通過した12ヵ国・地域参加により、2017年9月1日から9月10日までの期間、カナダサンダーベイで開催されます。

日本からも18歳以下の若者が勢ぞろいで出場します。

 

小枝 守
小枝 守
監督

 

米澤 貴光
米澤 貴光
コーチ

 

大藤 敏行
大藤 敏行
コーチ

 

東 哲平
東 哲平
コーチ

 

清水 達也
清水 達也
投手
川端 健斗
川端 健斗
投手

 

三浦 銀二
三浦 銀二
投手

 

山下 輝
山下 輝
投手

 

櫻井 周斗
櫻井 周斗
投手

 

磯村 峻平
磯村 峻平
投手
徳山 壮磨
徳山 壮磨
投手

 

田浦 文丸
田浦 文丸
投手

 

中村 奨成
中村 奨成
捕手

 

古賀 悠斗
古賀 悠斗
捕手

 

西巻 賢二
西巻 賢二
内野手
鯨井 祥敬
鯨井 祥敬
内野手

 

清宮 幸太郎
清宮 幸太郎
内野手

 

安田 尚憲
安田 尚憲
内野手

 

井上 大成
井上 大成
内野手

 

小園 海斗
小園 海斗
内野手
丸山 和郁
丸山 和郁
外野手

 

伊藤 康祐
伊藤 康祐
外野手

 

増田 珠
増田 珠
外野手

 

藤原 恭大
藤原 恭大
外野手

出典:http://www.japan-baseball.jp/jp/team/18u/

上記で紹介した彼らが日本を代表して、18歳以下の世界一の国を決めます。

そんな気になる大会がアベマTVで無料で見れるので、同世代の時間のある大学生や野球好きの社会人にとってはとても楽しみなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

最後に

個人的に好きなフリースタイルダンジョンや、アニメの特集などコンテンツ豊富で無料で楽しめるアベマTV。

先月は当サイトでアニメ特集をしたのですが、今回は野球特集になりました。

夏の甲子園も終わり、退屈だなと感じている方は、無料なのでぜひ観てみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク