最近、乃木坂46が「インフルエンサー」という楽曲を歌ったり、メディアでもインフルエンサーという言葉が認知されつつありますね。

最近話題の言葉でもインフルエンサーがランクインしていました。

そんな気になるインフルエンサーですが、実際聞きなれず意味もよく分からないという方もいらっしゃると思います。

今回は、数年前から提唱されてきた「インフルエンサー」について解読したいと思います。

スポンサードリンク

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは、英単語のインフルエンス(影響を与える)から由来していて、影響力の持つ人のことを言い表します。

 

一般的には人気のタレントや芸能人、スポーツ選手といった、特定分野の中で大きな影響力をもつ人物に使われる言葉ですが、インターネットやブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といったソーシャルメディアが普及してからは、インターネット上で消費者の購買意思決定に大きな影響を与える人物を指す場合に使用するケースが多くなりました

具体的には、ブログ上で、日記やコンテンツを配信し、多くのPV(ページビュー)を獲得する「ブロガー」や、動画共有サービスYouTubeで圧倒的人気を博している「ユーチューバー」、写真共有サービスのInstagramで大勢のフォロワーがいる「インスタグラマー」などが挙げられます。

 

最近はユーチューバーヒカルがよくネットニュースにでてきますね。

 

彼も元々は高校卒業後工場に就職した一般的な若者で、ただ平凡な人生を送っていましたが、インターネットの出会いによって自身を発信するようになり、そこから数年して今では大金を稼ぐユーチューバーにまでのし上がりました。(2017年9月5日現在 ユーチューバー活動休止の報道がありましたが・・・)

 

そんなインフルエンサーの世界ですが、私には関係ないと思って聞き逃そうとしていませんか?アプローチによってはあなたでもインフルエンサーとして有名になることは可能なのです。

 

実際にこのブログの著者がインフルエンサーマーケティングの会社で働いた経験を元に、簡単にインフルエンサーになるアプローチについて書いていきたいと思います。(ご要望があればより詳しく書きます)

スポンサードリンク

個人でもインフルエンサーになれる

どうしても影響力のある人と言えば芸能人というイメージになってしまいがちですが、今はソーシャルメディア始め自身でメディアを持ち発信する土台が平等に与えられた時代で、ユーチューバーのようにかつて無名だった人が自身を発信し続けることによって有名になっていくということも可能になったわけです。

 

今回は、少ないリスクでいかに個人がインフルエンサー、つまり影響力のある有名人になるか簡単にご説明したいと思います。

 

1、何を発信するか決める

闇雲に情報発信しても、結局第三者から見たときに何をしたい人なのかはっきりしないため、ユーザーが離れていく可能性があります。

 

まずはどのターゲットに何を発信するか決めて、発信したいコンテンツの知識や情報を持ち合わせておくようにしておきましょう。

 

例えば女性で美容に興味があり、自身の媒体、活動を通じて美について発信したい場合、他の先駆者を参考に、自身で何が差別化できるか、強みと弱みは何かSWOT分析やマインドマップで洗い出す必要があります。

 

 

2、SNSを開設する

Twitter、Facebook、アメブロ、インスタグラム、ユーチューブなど一通りのSNSを開設します。そしてあなたのSNSを見たときに何をしている人が人目でわかるように、プロフィール写真、タイトル、バナー写真、プロフィールをカスタマイズします。

 

コツがあるのですが、例えば30歳くらいで美に関して情報発信したい場合で、お金を使わずに美を追及しているという場合、少ない労力、資産で美について追及できるという強みがあるので、「省コスト美容コンサルタント」などブランディングネームを確立し、一目で何が凄い人かわかるようにするのがベターです。

 

 

3、情報発信する

情報発信するというのは、自身の媒体で投稿するということはもちろんなのですが、他の影響力のある人に積極的に関わりに行ったり、お客さん、ファンにしたい人と積極的に交流するということが大切です。

できるだけ美容なら美容に関して参考になることを発信し、共感、いいね!を貰えるようなコンテンツを提供するようにしましょう。

 

 

4、継続する

当たり前のことなのですが、これができない人が多いのであえて記述します。こういった作業には成功曲線という考え方があるのですが、始めは費用対効果に対して、全然人気にならなかったりアクセスが集まらなかったりします。

大体の人はここで諦めてしまうのですが、この苦しい時期を突破できるか否かで、あなたがインフルエンサーになり、有名になりお金も稼げる可能性が広がるかどうか決まります。

 

 

大切な考えかたを纏めると、

 

まずは自発的に行動する。

相手の投稿に対しコメント、コメント返ししたり、自身の媒体で有益なコンテンツを発信する。

そして、その信頼度が蓄積されたときに、ファンが集まる。

気が付けば何百、何千というファンがあなたを支持し、あなたが紹介する商品は買ってくれる人や、あなたの商品を買ってくれるようになる。

するとSNSの特徴によりあなたという存在が拡散され、より少ない労力であなたの存在を広くしってもらえるようになる。

すると、ゲンキングやユーチューバーのヒカキン、ヒカルのようにYahooニュースのトップに現れたりメディア出演もできるかもしれない。

気が付けばタレント図鑑にあなたの名前が・・・など、夢のある話ですよね。

 

このインフルエンサーという言葉は比較的新しいものですが、無名の個人がその言葉の真意を理解し上手く活用すれば、人生をより一転できるとてもチャンスな環境を作ることができると思います。

 

あなたもインフルエンサーの世界の可能性を感じたのであれば、できることから一歩踏み出してみませんか?

スポンサードリンク

最後に

私もかつてSNSを通じ自身のコンテンツを発信しており、片手間でやっていましたがFacebookで100いいね!もらえたり、数字は少ないですが何もない地方の個人がそこまでいいねを貰えるのは普通ではできないことだと思います。

本腰入れてインフルエンサーになるため努力すると本当に1000いいね!とかもらえてSNS有名人になれるのかもしれません。

今回は自身の経験を踏まえインフルエンサーについて書かせていただきましたが、より詳しい内容、ノウハウを知りたいというご要望があれば追記させていただくことも検討しています。

少しでもインフルエンサーについて可能性を感じていただけたのであれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク