今や、世界中の殆どのユーザーが持っているというくらいスマホが普及しましたね。

 

スマホは持ち運べるコンピュータのようなもので、一見便利なものですが、使い方を誤ると自身が被害を被る諸刃の剣のような存在です。

 

そんなスマホが最近話題になっているのが、スマホがサイバー攻撃を受けたことにより個人情報が盗まれるといった事例が多数起きていることです。

 

特にアンドロイドで乗っ取り被害が多いらしいのですが、一体どのような被害を受けてしまうのでしょうか?

気になりまとめてみましたので、一読いただけたらと思います。

スポンサードリンク

ニュースの概要

NHKニュースによると、日本を含む世界の14万台のスマートフォンなどが乗っ取られ、企業などを狙った大規模なサイバー攻撃に悪用されていたことが、情報セキュリティー会社などの調査でわかったそうです。

 

今回、こうした攻撃が明らかになったのは世界で初めてらしく、専門家は新たなサイバー攻撃の手口に警戒するよう呼びかけています。

 

実際に悪用されたのはアメリカの大手IT企業、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」が搭載されたスマートフォンなどの端末だと言われています。

 

世界100か国余りのおよそ14万台、日本でも少なくとも226台が何者かに乗っ取られ、所有者が気付かないうちに遠隔操作によって企業などを標的にしたサイバー攻撃に加担させられていました。

 

この攻撃は8月上旬に世界で初めて確認されたあと、15日頃に大規模化し、欧米やアジアの少なくとも50以上の企業でインターネットを通じた取引ができなくなったり支障が出たりしたということです。

 

しかもこうした乗っ取りは、グーグルの公式サイトを通じて配布された不正なプログラムを仕込んだアプリを通じて行われ、その多くは無料だったと見られています。

 

これまでに確認された不正アプリは動画を再生するものなどおよそ300種類にのぼり、いずれも通常のアプリと見分けがつかないということで、今回の問題を受け、グーグルは不正アプリを削除したとしています。

 

アプリを入手できるグーグルプレイストアに数多くの動画再生アプリがありましたが、無料だからと侮ってダウンロードしてしまい、気がついたらサイバー攻撃に加担していたとなると恐ろしい話ですね。

 

グーグルのアンドロイドはappleのiphoneと比べアプリの審査が緩いらしいので、このような不正アプリも審査に通ってしまうという状況に陥ってしまったと思います。

 

 

実際に配布されているアプリはゲームから音楽プレーヤーまでさまざまで、グーグル以外のメーカーや個人でも、グーグルの審査を通れば自分が開発したアプリを配布することが出来ます。

 

今回のケースでは悪意のある開発者がアプリに不正な機能を仕込み、審査をくぐり抜けて配布していたということで、グーグルでは、問題のあるアプリを削除したとしています。

 

しかし、スマートフォンのセキュリティーに詳しい、日本スマートフォンセキュリティ協会の谷田部茂さんは、アプリの審査はますます重要になるとしたうえで

アンドロイドの端末が世界中で増え続ける中、アプリの数や種類も膨大になっていて、悪意のあるアプリを完全に防ぐことは困難だ

と指摘しています。

 

 

倍々ゲームのように、アンドロイドの端末が増えたら相乗効果的に不正アプリへのアクセスも増えてしまうということなのでしょう。

そんな完全に防ぎようのないアプリによるサイバー攻撃ですが、事前に対策する方法などあるのでしょうか?

スポンサードリンク

サイバー攻撃・ウイルス対策

 

ウイルス対策ソフトをインストールする

ノートン、ウイルスバスター、ESETセキュリティソフトなど、公式で販売されているウイルス対策ソフトを使うことにより、大体のウイルスからあなたのスマホを守ってくれます。しかし、新種のウイルスなどウイルス対策ソフトが更新する前に現れた場合は対処が厳しいです。

 

スマホにロックをかける、他人にスマホを貸さない

プライバシーを守るためにも、スマートフォンは常にロックし、他人に貸さないように心掛けましょう。また、スマホを放置したままその場を離れないように注意しましょう。

 

アプリは公式マーケットからダウンロードする

ブラウザからもアプリをダウンロードできることができますが、信頼性の低いソフトウェアの可能性が高いので、審査に通って安全度の高いグーグルプレイストアからアプリをダウンロードするようにしてください。

 

怪しいサイトにアクセスしない

「芸能人の極秘画像」「期間限定現金プレゼント」などの誘い文句の怪しいサイトなどは特に注意してください。

また、よくわからないメールに貼ってあるリンクは絶対に押さないようにしてください。

特にニセサイトは、見た目が本物のサイトそっくりに作られています。安易にIDやパスワードを入力してログインしてしまうと、個人情報を盗まれてしまいますので注意が必要です。

 

無料動画再生アプリ・無料アプリなどすぐにインストールしない

動画が再生できない、もっと便利に動画再生できるアプリが良いからといって、急いで公式ストア以外からインストールしないようにします。

また不正アプリは無料で配布されることがほとんどですので、無料だからといって、すぐに不要なアプリをインストールしないようにします。

 

アンドロイドの設定を確認する

アンドロイドの「設定」→「セキュリティ」→「提供元不明のアプリ」のチェックを外すと、不明なアプリを自動的にインストールしないように設定できます。

 

個人情報を簡単に入力しない

住所や個人のクレジットカードの情報を安易に入力しないようにしてください。メールアドレスを入力するときは、フリーメールアドレスを使用するようにしましょう。

 

街中のよくわからないWI-FIに無造作に繋がない

偽の無線LANアクセスポイントを用意し、そこへアクセスした回線の情報の不正傍受や不正アクセスする手口があります。パスワードなしで使えるWi-Fiには注意してください。

 

本体のバージョンを最新にする

本体のバージョンを更新すると、最新のウイルス対策がスマホに適用されます。iOSなどは、常に最新の状態にしておきます。

 

以上のことを意識して、ウイルスには十分注意するようにしてください。

スポンサードリンク

最後に

今回はウイルス対策、サイバー攻撃対策について纏めましたが、それでも防げないといった事例はあると思います。

個人情報の扱いには細心の注意を払い、ITリテラシーも十分に持った状態で、不正アプリやサイトにアクセスしないようにしたいところですね。

あなたもスマホのハッキリグ、ウイルス感染には十分注意してください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク