今、テレビであるアイテムが非常に話題になっています。

 

それも、食中毒の菌がスマホで可視化できてしまうというものになります。

 

そのアイテムの名前はミルキン

 

見る菌、ということだと思いますが、これが思いのほか凄いんです。

 

例年のように報告される集団食中毒事故。

 

特に多い「腸管出血性大腸菌O157」は今年も猛威をふるって業者、消費者を悩ませています。

 

飲食店や家庭での衛生管理がますます求められる中、スマートフォン一つで食中毒の菌を確認できるミルキンが、改めて話題になっています。

 

 

今回はそんなミルキンの入手方法、価格、使い方についてご紹介できたらと思います。

スポンサードリンク

ミルキンとは?

「ミルキン」は、殺菌性の高い電解水製造装置の販売を行う「アクアシステム」(前橋市富士見町、狩野清史社長)が開発したもので、高さ約15センチ、幅約18センチ、奥行き約11センチで重さは約450グラムと小型なものになります。

 

顕微鏡本体に、スマートフォンを置く台を付けて使用します

 

主に、食品加工会社などへの導入を想定していて作られたものですが、食品をカットする機械やまな板など、汚れを確認したい部分を綿棒でこすり水を垂らして試料とし、専用台に置いたスマホのカメラ機能で菌が映し出される-という仕組みになっており、作業自体は数分で終了するため比較的簡単に扱うことができます。

 

顕微鏡の倍率は1千倍と一定ですが、1ミクロン以上の菌を見ることができ、食中毒の原因とされる黄色ブドウ球菌(1ミクロン)やO157を含む大腸菌(3ミクロン)も確認できます。

 

アクアシステムの狩野社長は、「菌そのものを見てもらい、どこがどれほど汚れているかを確認できる。これにより、食品を扱う場で働く職員やパート、アルバイトなどの教育ができ、現場の衛生レベルが向上する」と説明しています。

 

食品に食中毒菌が含まれているか否かを確認するというより、衛生管理が行き届いているかチェックするひとつのツールとしての役割を想定していますが、6月下旬の発売以来、食品会社を中心に、既に1千台を販売する人気となっていて爆発的に売れています。

 

9月には東京ビッグサイトで開催される食品工場設備関連の大規模展示会に出品するほか、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国への輸出も視野に入れ、PRを図っていくといいます。

 

WHO(世界保健機関)によると、食中毒による死者は、毎年世界で約42万人に上っているという統計があります。

 

狩野社長は、「見えない菌に意識を向けないと(食中毒など)他人を巻き込んでしまう。衛生管理のお手伝いをし、食中毒予防にも寄与できれば」と話しています。

 

今回の発明はノーベル賞ものかもしれませんね。

 

 

そんな気になるミルキンの価格ですが、99.800円(税抜)となっております。

 

いったい、どうしたらこのミルキンを入手することができるのでしょうか?

スポンサードリンク

ミルキンの入手方法

 

注文は、株式会社アクアシステムのホームページで専用注文書をダウンロードし、

  • メール
  • FAX

にて、日本国内のみの発送となっているみたいです。

 

現在、問い合わせが殺到しており、返信に時間がかかるとのことですので、時期を見計らって問い合わせしてみるのもありだと思います。

スポンサードリンク

使い方(公式サイトから引用)

簡単な3ステップで使うことが可能みたいですね。

携帯性もあり利便性もある、最高のアイテムですね!

スポンサードリンク

最後に

ミルキンとは一体なんぞや?ヒカキンの二番煎じか?と思ったら全然的外れで、画期的な商品が話題になっているということでした。

これだけインパクトがあれば、一家に一台も夢ではないような気がします。

名前もキャッチーで良いですね。

機会があれば私も菌を肉眼で見てみたいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク