オオタニケンジこと寺内樺風被告の裁判所での供述が話題になっています。

 

ニュースによると、埼玉県で中学生の少女を誘拐し、2年間にわたり監禁した罪などに問われている寺本樺風被告(25)の判決は、法廷内で男が不規則な発言を繰り返したため延期されたとのことです。

寺内樺風被告は2014年3月、埼玉県朝霞市で当時中学1年生の少女を誘拐し、2年にわたり少女を自宅に監禁した罪などに問われています。

 

これまでに、検察側は懲役15年を求刑し、弁護側は「被告は統合失調症だ」などと主張し、責任能力について争っていました。

29日は、さいたま地裁で判決が言い渡される予定でしたが、寺内被告は、入廷すると奇声を上げるなどしたため一時閉廷しました。

 

その後、再開したが態度は変わらず、「私は森の妖精です」などと述べたため、裁判は延期となった。次の判決期日は決まっていないとのことです。

 

この一連の事件・判決についてですが、争点となる「責任能力があるかないか」ですが、そのキーポイントとなる病名である統合失調症の疑いがあるという事実、精神鑑定の結果で浮上した自閉症スペクトラム症について今回は特集したいと思います。

スポンサードリンク

事件の詳細

判決公判は午前10時半に開廷したが、寺内被告は、奇声や「イエス、イエス」など意味不明の言葉を発しながら入廷し、人定質問で松原裁判長から名前などを聞かれると、「オオタニケンジ、年齢は16歳です」「現住所は群馬県高崎市のオートレース場。職業は森の妖精でございます」などと説明しました。

 

松原裁判長が「私が言っていることが分かりますか」と尋ねると「日本語が分かりません」などと話したため、松原裁判長は「少し落ち着きましょう」と言い、休廷を言い渡したそうです。

これまでの公判では、弁護側の請求により裁判所が被告の精神鑑定を実施し、相手の感情を感じ取ったり自分の行動の不適切さを理解したりすることが苦手な発達障害「自閉スペクトラム症」の傾向にあったとの鑑定結果が出たことから、責任能力の程度が主な争点でした。

検察側は「自閉スペクトラム症の傾向にあるが、自身の欲望に従って犯行に及んだ。インターネットで中学校を物色して少女を追尾するなど、計画的かつ巧妙な犯行だ」として、完全責任能力が認められると主張しました。

 

一方弁護側は、被告が事件までに統合失調症を発病していたなどとし「責任能力は限定的だ」と主張していました。

起訴状などによると、寺内被告は14年3月10日、少女に声をかけて車に乗せ、千葉市稲毛区の当時の自宅に誘拐。昨年3月まで同区と東京都中野区の自宅に少女を監禁し、重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせるなどしたということです。

 

巧妙な手口で行われた犯罪なので責任能力はあると個人的に思えますが、仮に病気だったとして寺内樺風被告にどのような影響があるのでしょうか?

 

まず、統合失調症についてご説明します。

スポンサードリンク

統合失調症とは?

まず統合失調症とはどういう病気かというと、大きくわけて陽性症状陰性症状があります。

 

陽性症状は幻覚や妄想など統合失調症の目立った症状をいい、

対照的に自閉や感情の平板化などの目立たない症状を陰性症状といいます。

 

主に陽性症状は、

 

明らかに間違った考えや客観的に受け入れられない状況について、強い確信をもってしまうこと妄想の病状。

実際には起こっていないことを、現実的な感覚として知覚してしまう幻覚

思考が混乱してしまい、考え方に一貫性がなくなってしまう思考障害

 

の3つがあります。

 

妄想は、ご本人による説明も他人にとって理解しがたいものが多く、矛盾があった場合に指摘をしても、本人はそれを受け入れることが困難になっています。

 

幻覚は、まわりに話している人がいないのに、誰かの声が聞こえてくる、話しかけてくるといった「幻聴」がもっとも多く、本人の行動や思考に批判的な内容が多いため、その後の行動にも影響してきます。

 

思考障害は会話の内容に繋がった道筋がなくなってしまい、何を話しているのかわからなくなってしまうこともあります。

 

それに対し陰性は、

 

ご本人の喜怒哀楽の表現が乏しくなるだけでなく、他者の感情表現に共感することも少なくなってしまう感情の平板化

会話をしていても、比喩などの抽象的ないい回しが使えなかったり、理解できなかったりする思考の貧困

自発的に何かを行おうとする意欲が無くなってしまい、いったん始めた行動を続けていくことができなくなる意識の欠如

自分の世界に閉じこもり、他者とのコミュニケーションを取らなくなる自閉(引きこもり)

 

などがあります。

 

主に陽性、陰性と別れており、100人に1人がなるという重い病気ですが、今回は寺内樺風がパラレルワールドを見てしまっていることから、陽性症状の可能性高いと憶測できるでしょう。

 

もう一方、判定結果により浮上した自閉症スペクトラム症という病は、どのような病状なのでしょうか?

スポンサードリンク

自閉症スペクトラムとは?

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、コミュニケーションの困難と限定された反復的な行動や興味、活動が表れる障害です。

 

例えるなら、臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心・やり方・ペースの維持を最優先させたいという本能的志向が強いことを特徴とする発達障害の一種です。

 

さらに知的障害や言語障害を伴う場合と伴わない場合がありますが、少し変わった人程度で済んで、問題なく日常生活を送れることも十分にあります。

 

また、これらの症状は発達段階、年齢や環境などによって大きく変化するといわれています。

 

自閉症スペクトラム障害と一言で言い表しても、生活に支障をきたすほど症状が強い方から、症状が軽度で日常生活にほとんど支障なく暮らせる方まで様々です。

 

症状の強弱や、知的障害を伴う・伴わないなどによって十人十色の理解やサポートが必要な障害です。

発症する原因ですが、いまだ特定されておらず、何らかの生まれつきの脳機能障害であると考えられており、しつけや愛情不足といった教育が直接の原因ではないとわかっています。

遺伝的な要因が原因の一部であると推測されており、先天的な遺伝要因に様々な環境的な要因が重なり、相互に影響しあって脳機能の障害が発現するのではないかという説が現在有力とされています。

 

寺内樺風被告はどちらに該当するかと言われればどっちなのか微妙ですが、自演でキャラを作っているだけかもしれませんし、病気だった場合多少の罰の軽減があるかもしれませんが、いずれにせよ罪の重さは認識してもらわないといけないですね。

スポンサードリンク

最後に

個人的に遺憾に感じているのが、寺内樺風被告のあの意味不明な発言をすることにより、統合失調症ってみんなそうなの?自閉症スペクトラム症ってみんな変な人なの?と偏見を持たれることが心苦しいです。

精神疾患がある人も普通に社会生活を送っているかたもいらっしゃいますし、このような卑劣なことをする人なんてほぼいません。

ただ、病人と偽って罪を軽くしようと試みようとしているだけのような気がしてなりません。

今後の続報を要チェックですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク