今年も、秋の風物詩といえる月見がやってきます。

 

月がウサギの餅付きみたいにみえるという説や、マクドナルドでは月見バーガーが発売されるなど、月見に応じて色々環境の変化もあるみたいです。

 

そんな月見ですが、毎年日付は変わると言われていますが、今年はいつごろになるのでしょうか?

 

伝統的な「十五夜」(中秋の名月)、名前の由来についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

十五夜(中秋の名月)

お月見といえば、一般的には旧暦8月15日(中秋の明月)の「十五夜」をさします。2017 年の十五夜は、10月4日(水)と言われています

中秋の名月は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で、旧暦では7月~9月が秋にあたります。

 

初秋は台風や長雨が続きますが、中ごろになると秋晴れも多く空が澄んで月が美しく見えます。

 

そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族が月見の宴を催して風雅を楽しむようになりました。

 

やがて、月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていきます。芋類の収穫祝いをかねています。

十五夜に月見だんご、すすき、芋などの収穫物などを供えるのは、さまざまな物事の結実に対して感謝と祈りを捧げるためであり、日本文化の特徴といえます。

 

また、月の模様を「月でうさぎが餅をついている」と捉えるは、慈悲の心の象徴であり、月に寄せる思いの深さが感じられます。

 

満月の日は10月6日と言われており、昔は天文学が未発達だったので、「秋分の日に最も近い満月」という意味で、旧暦8月15日を「満月」とみなしていたようですが、実際、陰暦15日は月の満ち欠け周期の半分(29.5÷2≒14.8)にだいたい相当するので、満月になることが多いです。

 

ここまでをまとめると、今年の月見は10月4日、満月が見れるのは10月6日になるということです。

 

今年も月見を楽しみにされているかたも多いと思うので、参考にしてください。

スポンサードリンク

最後に

 

月見も秋の風物詩として日本に普及していますが、節分のように決まった日程があるわけではなくて、決まった周期によって月見の日が定められているのですね。

私も自分で調べてまとめてみて勉強になりました。

近年ではわざわざお供え物をしたり祝ったりという風潮がないのですが、農作物が盛んな地域では今なお強く根付いているイベントなのだと思います。

あなたも満月を拝めながらお祈り事をしてみませんか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク