ボクシング元5階級制覇のフロイド・メイウェザー(40)と、総合格闘技UFCで”同時2階級制覇”を成し遂げたコナー・マクレガー(29)が、8月26日(日本時間27日)に米ラスベガスで対戦します。

 

ボクシング・ルールの12Rで行なわれるこの試合は世界中の注目を集めており、両者のファイトマネーはそれぞれ1億ドル(約109億円)と予想されています。

 

 

また、英国のテレグラフ紙によると、メイウェザーのスポンサーやブランド管理をするワンエンターティメントは、メイウェザーが身につけるものすべてへの広告料を次のように設定しているそうです。

ローブ 100万ドル(約1億900万円) 
ビクトリーキャップ 100万ドル(約1億900万円)
リングインのキャップ 50万ドル(約5400万円) 
ボクシングシューズ 100万ドル(約1億900万円) 
トランクス 100万ドル(1億900万円) 
リングスポンサー 500万ドル (5億4490万円)

INC.や複数の米メディアは、ファイトマネーの分配についてはメイウェザーが7割、マクレガーが3割、またはメイウェザーが7割5分、マクレガーが2割5分と推測しています。

 

ジェフ・ハーデン記者は、「私の試算ではメイウェザーが2億2000万ドル(約239億円)-2億4000万ドル(約261億円)。マクレガーが6500万ドル(約71億円)から8000万ドル(約87億円)だろう」としています。

日本ではDAZN(ダゾーン)で独占中継される試合ですが、かつてUFCやK-1で活躍し”変幻自在のトリックスター”と呼ばれた須藤元気氏に予想してもらった記事がありました。

 

個人的に好きな須藤元気氏ですが、元総合格闘技の舞台で活躍した選手はどのようにこの試合を考えているのでしょうか?

 

49戦無敗のメイウェザーにボクシング・ルールで挑むマクレガーに勝機はあるのでしょうか?

 

元プロの格闘家の須藤元気氏の意見を参考にまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク

メイウェザーvsマクレガー・勝者は?

結論から申し上げると、須藤元気氏はマクレガーが勝つのではと予測しています。

 

メイウェザーは40歳で、引退して約2年経っています。重量級だと、ある程度年齢がいってもできますが、軽中量級はスピード勝負で、年齢が意外と響くんです。だからこの2人は、イーブンな気がします」

「もちろん、この2年間をメイウェザーがどういった生活をしていたかによっても変わりますが、そんなに走り込みとかはしていなかったと思うんですよね

 

と展開したうえで、他にはこのような要因があるのではと指摘します。

 

小さいグローブへの変更もマクレガーにとって有利で、グローブも10オンスの予定だったのが、8オンスになりました。8オンスだと総合のオープン・フィンガー・グローブとさほど変わらない、とのことで、拳の当たる部分の厚さはUFCのグローブとそんなに変わらず、マクレガーには一発のパワーがあるため、メイウェザーの目がマクレガーの動きに慣れる前の短期決戦なら、マクレガー勝利もあり得ると予測しています。

 

しかし、メイウェザー自身も無敗の男ですから、必ず研究してくると思うと須藤元気氏は話していました。

 

そのため、マクレガーはボクサーにはない技術で勝負する必要があるとの見方で、クリンチで崩し、そこからアッパーやフックにいくのは総合格闘家が得意な攻撃で、メイウェザーがマクレガーの挑発に乗り、グローブを10オンスから8オンスに変更することに応じたので、相手のガードの隙間からパンチが入りやすくなったことも勝利の可能性がある要因だとしています。

 

ただ、メイウェザーもそういう挑発に付き合わない頭の良さがあります。

 

メイウェザーは自分を相対化できているからこそ49戦無敗だった。若い時は結構KO勝ちしていましたが、年齢がいってKOできなくなってからは『アウトボクシングに徹して勝ちにいく』スタイルに切り替えたという経歴もあります。

 

並の選手だと、KOできなくなっても勝負にいったりしてしまうけど、メイウェザーは自分自身のポジションをちゃんとわかっているから、マクレガーとやるときに『何をやったらリスクがあるか』、相当計算してくるはずでありマクレガーが勝つには、その裏をかく戦略・戦術が必要と須藤元気氏は話します。

 

だからこそ”総合”的に、ボクシングにないもので戦うことが大事と結論を話しました。

 

しかし年齢差はあれど、圧倒的王者のメイウェザーに対しチャレンジャーとして挑むマクレガー。勝利の軍配はどちらにあるのでしょうか?

 

生で見たい方はDAZNに登録してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

最後に

元格闘家からWORLD ORDER、ミュージシャンに転身した須藤元気氏。

現在はWORLD ORDERもプロデューサーに専念し色々アグレッシブに様々な活動をされていますが、流石プロ格闘家まで昇り詰めただけあって、見解がプロ目線で大衆はメイウェザーが勝つのではと予測していますがその逆をいっています。

実際にどちらが勝つか分からないですが、メイウェザーの試合が見れるだけでも楽しみな方は多いのではないでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク