あるテレビ番組で、キラキラ起業女子の実態について放送されました。

 

キラキラ起業女子とは、充実したキラキラしたライフスタイルを主にFacebookを始めとしたSNSで発信して、そのライフスタイルに憧れる人を集客する女性起業家のことを指します。

 

しかし、本当にキラキラしたライフ生活を送れるだけの余裕があれば良いのですが、実際には成功している自分を演出する必要があるので、身の丈に合わない出費をSNS栄えするために繰り返し、経済状態が常に困窮している人が過半数との情報もあります。

 

なぜ、キラキラ起業女子は身の丈に合わない出費をしてSNSに画像を投稿しなければいけないのでしょうか?また、現状はどのようになっているのでしょうか。

 

気になりまとめてみましたので、一読いただけたらと思います。

スポンサードリンク

キラキラ起業女子の実態

そもそもキラキラ起業女子はどのような生計をたてているのかというと、起業コンサルや美容セミナー、心理コンサルなど、情報起業系がほとんどです。

 

また、MLM(要はマルチ、購入者を構成員として多階層の販売員組織を形成しながら、商品の販売活動をおこなっていくこと)の勧誘もしている人もいて、「今日は業界で凄い○○という人と写真を撮りました」「今日は仲間とシンガポールに行きました」系の投稿をしている人が結構います。

 

そんなビジネスをしている女子たちですが、集客するのに必死なようで、自身をブランディング(ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ)するためにも、投資としてやっている方が多いようです。

 

通常のビジネスであればリスティング広告やアドセンス広告、SNSで言えばFacebook広告などお金を払って広告運用するというイメージがありますが、恐らく個人の情報起業家レベルの彼女たちにそんな資金もなければ知識も無いと思われます。

 

なので、初期投資の少ないSNSで、自身のブランドを画一するため(要は起業して成功しましたよ風)お金持ちを演じ、言い方はあれですが情報弱者相手にビジネスをするということをやっている人たちです。

 

もちろん全うにビジネスをされている方や、実際に稼いでいらっしゃる方もいるのですが、大半は自身を偽ってSNS上で発信している「なんちゃって起業家」が多いというのが現状です。

 

自身をお金持ちに演じて、その生活に憧れて群がってくる情報弱者相手に商品を販売をするというビジネスは、一時期元ネオヒルズの〇沢翼始め日本に広がり、彼らは個人レベルでお金持ちになれるようにどうしたら良いかというノウハウを教えていたため、その浸透したノウハウ、方法を後発組の起業女子が利用しているという流れだと思います。

 

Facebook始めSNSはアルゴリズムの変化が激しく、常にマーケティングの手法は変わってきます。

 

自身をブランディングして集客するというのは間違っていないのですが、身の丈に合わない食事やブランド品を身に着けお金持ちを演じるという手法はもはや時代遅れで、痛々しいさまからキラキラ起業女子が揶揄されているというのが実態です。

 

 

あなたも小資本で起業しSNSで集客したいのであれば、如何に顧客に有益な情報を与えるか、コンテンツ重視で投稿されると結果的に集客に繋がります。

 

痛々しいと思われないためにも、正しい知識は必要ですね。

スポンサードリンク

最後に

私もFacebookを見ていると、MLMで副収入で5~10万?稼いだ女子が偉人の名言を引っ張り出し、高級ホテルのラウンジの写真と一緒に本当の人生とはみたいなことを語っているみたいな投稿を見かけますが、まあ、必死なんだな・・・と見守って、それ以上のことはありません。

ある程度知識のある人が見たらちょっと痛々しいなくらいで済むのですが、知識の無い人がその投稿を見て「凄い人がいる!」と感銘を受けてしまってよくわからないビジネスにお金を払ってしまうというのは本末転倒ですね。

キラキラ起業女子も全く関係ない人も、正しい知識を身に着けてよりよい経済発展を目指していくべきだと私は思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク