8月22日のニュースで気になるニュースがあったのでお伝えします。

 

超党派のスポーツ議員連盟(会長・麻生太郎副総理兼財務相)が、東京五輪の開会式がある2020年7月24日を祝日にするための祝日法改正案などを来年の通常国会に提出する方針を固めているとニュースが入りました。

 

10月の「体育の日」を「スポーツの日」と改称したうえで、20年に限って「スポーツの日」を7月24日に移す案が有力視されています。

議連は8月31日に開く会合で方針を確認し、法改正案などの取りまとめに向けてワーキングチームを発足させる模様です。

 

政府も議連の方針に理解を示しており、同改正案などは成立する公算が大きいと見ています。

五輪開会式の当日は首都圏で、各国要人の出席に備えた大規模な交通規制や、世界中から集まる観光客でかなりの混雑が予想されているため、議連は、混雑の緩和策として通勤・通学や経済活動を大幅に抑えられる開会式当日の祝日化が有効だと判断しています。

 

内閣官房幹部も「祝日化は最適な手段だ」と賛同している模様で、現実になれば7月24日が祝日になり、交通渋滞なども緩和されると思われます。

 

そんなスポーツの日ですが、7月24日にすることによってどのような効果があるのでしょうか?

そもそも、スポーツの日・体育の日とはなんなのでしょうか?

気になりまとめてみましたので、一読いただけたらと思います。

スポンサードリンク

スポーツの日・体育の日とは?

スポーツの日は体育の日が派生したものになりますが、そもそも体育の日とは1964年に行われた東京オリンピックの開催日の10月10日のを記念して作られた休日で、日本の国民の祝日の一つです。

 

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、1966年(昭和41年)から国民の祝日としたのですが、最初の体育の日は月曜日でした。

 

2000年(平成12年)からは「ハッピーマンデー制度」の適用により、10月の第2月曜日となっています。

※ハッピーマンデー制度とは、日本において国民の祝日の一部を、従来の固定日から特定週の月曜日に移動させた法改正のことで、公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したため、月曜日を国民の祝日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された制度になります。

 

今回体育の日=スポーツの日を2020年東京オリンピック開催日に制定しようという話になったのも、先述の通り首都圏の各国要人の出席に備えた大規模な交通規制や、世界中から集まる観光客でかなりの混雑が予想されているほか、通勤・通学や経済活動を大幅に抑えられるため有効なんじゃないかという話になっているわけです。

 

では、なぜそもそも7月24日に東京オリンピックを開催しなければならないのか、前回の1964年と同様10月では駄目なのか、という疑問に対しては、このような理由があるからなのです。

スポンサードリンク

7月24日に東京オリンピックを開催する理由

まず一つの理由として、IOC(国際オリンピック委員会)の規定で、オリンピックは、7月15日から8月31日の間で開催し、オリンピックとパラリンピックを合わせて60日間以内で実施することが定められているためです。

 

IOCが夏にこだわるのは、秋にほかのスポーツの世界大会などがあり、時期が重なるのを避けたいという考えからだと言われています。

 

いまのところ時期を変更するという議論は起きていないし、変更の可能性はかなり低いと思われています。

 

64年の東京五輪と68年のメキシコ五輪は10月開催でしたが、その後は一部を除いて夏開催が固定化しているのが現状です。

 

その裏には多額の放映権料を払っている米国の存在があるからなのです。

 

国際オリンピック委員会(IOC)に流れ込むテレビ局や協賛企業からの巨額の資金は、五輪時の観客数やテレビ・ネットを通じた視聴者数などによる競技の格付けに従って各IFにも分配されると言われており、元IOC専門委員の伊藤公氏によると、アメリカのテレビ局の放送権料がオリンピック収入の半分を占めることから、「アメリカのスポーツスケジュールに配慮したため」というらしいです。

 

アメリカ側の事情・他スポーツ大会との競合を避け、IOCがベストなタイミングと示唆した期間が7月中旬~8月末だった、ということですね。

 

アスリートにとっては猛暑で苦しいと思いますが、経済的な意味ではそのほうが儲かるということなのでしょう。

 

色々ギクシャクしていますが、今回のテーマである体育の日・スポーツの日が7月24日に選定されることは個人的に良いと思いますが、あなたの意見はいかがでしょうか?

スポンサードリンク

最後に

当サイトで何度か東京オリンピックについて特集させていただきましたが、改めて経済効果の大きいイベントで、それだけ裏で物事が動いているんだなということが分かりました。

国全体で東京オリンピックに向けて大きなプロジェクトが動いてますが、国民である私たちも、環境の変化に適応して何かできるのでは、と考えてみるのもアリなんじゃないかと思います。

今回の東京オリンピックを機に日本がより栄えて、スポーツの日も月曜日に定着されるとありがたいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク