夏の一大音楽イベントのうちの一つと言えばサマーソニック

 

そんなサマーソニックですが、出演アーティスト陣の中に際立つ名前のユニットがいます。

 

変な名前のアーティストはぽつぽついるのですが、そんな中でも面白そうな音楽ユニットがいたのでご紹介させていただきます。

 

その名は、ベット・イン

 

なんかムンムンしますよね。

 

出演アーティスト一覧を見て「なんだこれ?」と思ったので調べてみると、

その名の通りムンムンさせられそうな雰囲気を醸し出してる自称「地下セクシーアイドル」の称号に相応しいユニットでした。

 

そんな気になるベット・インについて、今回はご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

ベット・インとは?

益子寺かおり(左)、中尊寺まい(右)による、地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」。

日本に再びバブルの嵐を起こすべく、80年代末〜90年代初頭へのリスペクト精神により完全セルフプロデュースで活動中。

2012年、お互い別のバンドで活動していた二人が、猫も杓子もロリロリ重視の現代のアイドルシーンに殴り込みにイクかと一念勃起。

バンド歴の長い二人による、ロック姐ちゃんなライブパフォーマンスと『おやじギャル』的な発言やTwitterが話題となり、日本各地を毎度おさわがせします中!

かおりの逞しいドヤ顔ヴォイスと、まいの下心をつん裂くギタープレイによる「ボディコンロック」に酔いしれろ!

弾けないバブルを貴方に…(ホームページより引用)

情報が少なかったのでホームページから抜粋させていただきましたが、80~90年代初頭のバブルがコンセプトになっているみたいです。

 

いずれも違うバンドで活動していて、意気投合した結果新ユニットとしてベットインを結成したとのことですが、それぞれどのようなバンド活動をしていたのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

益子寺かおりの経歴

益子寺かおりさんは「妖精達」というバンドに所属していて、メインボーカルを担当しています。

 

音楽ユニットを一言で表すなら「情念系歌謡ロック」という感じで、人間の汚い部分、思春期独特の狂気、社会への違和感など、ロリ系できれいごとを歌うアイドルとは真逆のコンセプトで見事に表現しています。

 

中尊寺まいさんと出会った時点で10年ほどのキャリアがあり、もはやベテランの領域です。

現在も自前の反骨心で両ユニット共にアグレッシブに活動しています。

スポンサードリンク

中尊寺まいの経歴

中尊寺まいさんは「例のK」というバンドに所属していて、ライブハウスでの共演をきっかけに意気投合しその後脱退という形でベットインとして活動します。

 

この例のKというバンドはパンク・メタル・歌謡など様々なジャンルの音楽を融合させ独自の音楽性を築き上げてファンに熱烈な支持を受けました。

 

ギターのストラップにマイクをガムテープで固定し、ギターをかき鳴らすというスタンスが話題になり、かおりさんも釘付けになったといいます。

 

お互い違う道を生きていた2人ですが、パッションは近しいものがあったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

最後に

年齢など細かいプロフィールも調べたのですが、内緒♡とのことで情報が出てきませんでした。

サマーソニックに出演したことにより一躍話題になった地下セクシーアイドル、ベット・イン。

セクシーで妖艶な佇まいから、男性からのファンも増えたのではないでしょうか?

今後のベット・インの活躍に期待ですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク