今、若手で芸能活動されている方がちらほらと増えてますよね。

そんな中でも注目なのが、ミュージカル「赤毛のアン」で主人公・アンの親友役を熱演中の演歌歌手、さくらまや(19)さん

 

10歳で史上最年少演歌歌手としてデビューし、こぶしを利かせた歌声でファンを魅了し続けている彼女ですが、記者のインタビューで意外な“素顔”が発覚ました。

 

期待が高まるさくらまやさんですが、一体意外な”素顔”とはなんなのでしょうか?

まとめてみましたので、一読していただけたらと思います。

スポンサードリンク

現役大学生の日常

今年4月に大学生になったばかりで、同作の東京公演開演前に行われた会見ではキャンパスライフについて触れました。

 

大学は日本大学法学部政治経済学部に在籍しているらしく、勉強と仕事の両立については、「テスト期間中に舞台の練習がかぶっていたのは辛かったですけど、両立はできてます。幅広い友達ができて、楽しいです」とニッコリ答えたそうです。

 

サークル活動については考え中とのことでしたが、本当は空手・武道系のサークルをやりたかったと本人は話しています。

しかし、事務所に止められた関係で断念したそうです。

会話の中で普段から漫画も戦う系しか読まないという武闘派の一面をのぞかせました。

 

さらに、自宅にあるサンドバッグを日々たたいていることを明かし、

こぶしが血だらけになっちゃって。人間って裂けるんですね…。それで怒られたので、今は自重してます

と苦笑いしながらコメントしました。

 

報道陣から通常、グローブを着用してたたくのでは?と指摘されると、素手でやった方が気持ち良くないですか?とコメントし報道陣を笑わせました。

 

関係者によると、サンドバッグはもともと運動不足解消のために購入したものらしく、使用していたときは、1時間ぐらいはパンチを繰り出していたと本人は言います。

ちなみにそのサンドバッグを「レッドマン」と名付けて、日々殴り続けているみたいです。

 

武闘派演歌歌手”としての地位を確立する日も遠い話ではないのかもしれませんね。

スポンサードリンク

さくらまやとは?

芸名 さくら まや

本名 草野 真耶(くさの まや)

職業 演歌歌手

生年月日 1984年11月29日

血液型 O型

出身 北海道帯広市

趣味 読書

 

10歳で史上最年少の演歌歌手としてデビューし、その大人顔負けの歌唱力から“平成の美空ひばり”と称されます。

ミゲルとともに歌手ユニットMarMee(ミゲル&まや)としても活動します。

 

2008年12月3日、日本クラウンから史上最年少演歌歌手として「大漁まつり」でデビュー

12月31日には格闘技興行「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」で国歌独唱を行いました

 

2010年11月21日、第52回日本レコード大賞日本作曲家協会奨励賞を受賞し、受賞年齢12歳の最年少受賞となりました。

 

そんな演歌歌手として華々しい功績を残してきたさくらまやさんですが、大学の法学の勉強にはまっているらしく、将来的な目標については司法試験を受けたいと言っています。

大学院に行くか、それとも司法試験を受けるための試験を受けるか悩んでいると本人は話します。

 

まさしく文武両道が似合う人なんですね。当ブログで文武両道はあり得ないという特集を記事にしたのですが、実際はどうなんでしょうかね・・・。

スポンサードリンク

最後に

今回は現役大学生の演歌歌手について記事をまとめました。

「赤毛のアン」が話題になっていますが、どのような歌唱力が聞けるのか楽しみですね!

今後のさくらまやさんに期待です!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク