8月14日の午後、奈良県山添村の山中で小型の飛行機らしい残がいが燃えているのが見つかりました。

 

小型機が墜落したのではないかという近辺の住民からの通報があり、警察や消防は連絡が取れなくなっている機体がないか確認を急いでいます。

 

奈良県の防災ヘリが上空から確認したところ、現場付近に、墜落したと見られる青と白のラインの入った小型の飛行機らしい残がいが燃えているということです。

 

現場付近では小型機らしい残がいから激しい炎があがっているのが見え、一部の木がなぎ倒されたような様子も確認できるらしいです。

スポンサードリンク

通報の内容

14日昼ごろには奈良市下深川町の住人・職員

 

「飛行機らしきものが落ちた」

「飛行機のようなものが火の玉となって山の方に落ちた」

「昼ごろ、バイクのエンジンを吹かすような音が聞こえ、ドンという衝撃があった。窓がびりびりと震えた」

「まだ何も分からないが、落ちたのは確かなようだ」

 

など、複数の通報がありました。

乗務員が無事なことを祈りましょう。

スポンサードリンク

SNSでの反応

SNSでも驚きの声が隠せないようです。中にはこのような投稿もありました。

 


この投稿の数時間後、飛行機が墜落しました。ハワイ行きの飛行機ではなかったかもしれませんが、何か皮肉ですね・・・。

スポンサードリンク

最後に

ANAの飛行機緊急着陸も話題になり、今回に限っては実際に飛行機が墜落してしまいました。

小型飛行機ということで、人的ダメージは少ないということを祈り、無事生還されることをお祈り申し上げます。

このような事故を起こさないためにも、原因の調査や改善が必要ですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク